妊娠中は何かと気を遣わなければいけない時期ですが、
カルピス睡眠の質は飲んでも良いのでしょうか?
また、量はどれくらい飲んでも良いのでしょうか?
こちらでは妊娠中のカルピス睡眠の質について紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中カルピス睡眠の質は飲んでも良いの?

カルピス睡眠の質

まず原材料を見てみると、

果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、脱脂粉乳、砂糖、乳酸菌粉末(殺菌)/安定剤(大豆多糖類、ペクチン)、酸味料、香料

引用:アサヒ飲料

この中に妊娠中に摂取してはいけないものは含まれていません。
ですので、妊娠中に飲んでも問題ありません。

ただし、糖類がたくさん含まれていますので、1日に何本も飲まないようにしてください。

量はどれくらい飲んでもいいの?

カルピス睡眠の質1本(100ml)あたりに糖類は15g含まれています。

1日にどのくらいの糖類を摂取しても良いのかを見てみると、
世界保健機関(WHO)では、次のように述べています。

成人及び児童の1日当たり遊離糖類摂取量を、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めている。また5%まで減らして、1日25g(ティースプーン6杯分)程度に抑えるなら、更に健康効果は増大する

引用:食品安全委員会

WHOが推奨している量としては、エネルギー総摂取量の10%未満ということなので、
遊離糖類で表すと50g未満となります。

ですので、カルピス睡眠の質1本飲んでもまだ遊離糖類を摂取できるので、
全く問題ありません。

ここで、おやつに含まれている糖類の量を一部ですが見てみると、
おやつに含まれている砂糖の量を一部ですが見てみると、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

例えば、ショートケーキを食べてカルピス睡眠の質を1本飲んだとしても
合計で47gの糖類を摂取することになりますので、1日の推奨摂取量内に収まります。

ですので、カルピス睡眠の質を飲んでおやつを食べても問題ないということになります。

ただし、カルピス睡眠の質を1日に2本以上飲むとおやつのことも考えると
推奨摂取量を越えてくる可能性がありますので、
飲むのであれば1日1本にしてください。

スポンサーリンク

糖類を摂り過ぎるとどうなるの?

糖類をたまに摂りすぎたとしても特に問題はないのですが、
日常的に過剰摂取した場合、例えば毎日清涼飲料を500ml飲むなどの行為がそれに当たるのですが、
そうすると、ママの肥満のリスク、高血圧のリスク、糖尿病のリスクなど生活習慣病のリスクが高まります。

また、ママの心臓病のリスクも高まるようです。
参照:アスゲン製薬株式会社

さらに、生まれてくる赤ちゃんにも影響する可能性があるようです。
呼吸ケアクリニック東京を見てみると、

縦断的な親子研究では、幼児期の糖摂取量とは無関係に、妊娠中の母体の遊離糖摂取量は子供が7〜9歳に達した時点での、アトピーとアトピー性喘息のリスクの高さと関係していた。

引用:呼吸ケアクリニック東京

ですので、ジュースや清涼飲料の摂りすぎには注意した方が良いでしょう。

まとめ

カルピス睡眠の質には妊娠中に摂取してはいけない成分は含まれていませんので、
妊娠中に飲んでも問題ありません。

ただし、1日に2本以上飲むなどすると糖類の過剰摂取に当たる可能性が出てきますので、
1日1本にとどめておいてください。
その場合は、おやつは通常通りに摂取してもあまり問題にはならないでしょう。

ジュースや清涼飲料を飲み出すと糖類の過剰摂取に当たる可能性が高くなりますので、
この点だけ注意してください。

スポンサーリンク