子供が生まれるということは家族が増えるということ。
生活ががらりと変わりますので、今までの保険では適さなくなったりもします。
こちらでは保険の見直しについてどういったものがあるのか紹介致します。

スポンサーリンク

終身保険の見直しを

赤ちゃん

終身保険は保険にもよりますが年を取るにつれて値上がりしていきます。
また、掛け捨てのものも多くその場合戻ってくるお金はありませんので、
元気に過ごせた場合、払い損ということが発生してしまいます。

いずれにしても、死亡時に受け取る金額を上げれば
付きに支払う金額が上がってしまうのがデメリットでしょうか。

保険には様々な種類があり、
例えば、子供が成人するまでの終身保険というものがあります。
終身保険は万が一に備えて加入します。
それは子供が成長し自立し出すと、あまり必要のないものになります。
この保険は子供が自立するまでしか払わないため、
通常の終身保険よりも支払う額が安く済むというメリットがあります。

詳しくは保険の見直しで相談してみるとよくわかります。

学資保険の加入も大切

子供が出来るということは、学業にかかるお金が必要になってきます。
特に高校、大学などになってくると学費も馬鹿になりません。
そのときに備えて、毎月子供が小さい内から貯蓄をすることにより、
将来かかる学費などの負担を減らすことができます。

妊娠中からでも出生前加入といって加入することができ、
早ければ早いほど月に貯蓄する金額を分散することができますので、
貯蓄額の月の負担も少なくて済みます。



個人年金保険のメリット

老後のために個人年金保険というものがありますが、
積み立ては円建て、ドル建てなどが選べて、将来のリスクを分散することが可能です。
さらに、個人年金に支払った額に応じて、国から保険料の控除も受けることができますので、
この点は大きなメリットと言えるでしょう。

控除が受けられる項目としては、

  • 一般生命保険
  • 介護医療保険
  • 個人年金保険

があり、全てにおいて控除を受けることができますので、
例えば、個人年金保険に加入していなければ、その控除も受けることが出来ませんので、
将来的に考えれば、個人年金保険に加入し国からの控除を受けた方がお得なのです。

保険の見直しの相談は無料

保険の見直しの相談は無料です。
しかも1回だけではなく何度相談しても無料ですので、
しっかりと納得できるまで相談されることをお勧めします。

保険の見直しの係の人はどこの保険会社にも所属していない

保険の見直しをしてくれる人は、どこの保険会社にも所属していないため、
特定の保険会社を推してくるということはありません。

その人にあった保険を親身になり提案してくれるので、
ステルスマーケティング的なものはありません。

様々な保険会社をピックアップして加入することになる

終身保険や医療保険、ガン保険など様々な保険がありますが、
一つの保険会社に加入するのではなく、
その人にあった保険(保険会社)を選んで加入することになるかと思います。

保険にも様々なプランがありますので、
自分にマッチしたプランが一つの保険会社だけではまかなえないということが多々ありますので、
様々な保険会社の一番自分にマッチしたものをピックアップしてくれて、
加入することになるでしょう。

保険加入後は、保険の見直しの担当者が窓口になる

様々な保険会社に加入することになるので、
管理が大変と思われるかも知れませんが、そんなことはなく
保険の見直しの担当の方が窓口となり、全て管理してくれます。

ですので、何か困ったことがあったり、入院したり、手術したなど
保険金が支払われる場合に、その担当者に連絡すれば、
責任をもって進めてくれるので、特に困るようなことはありません。

まとめ

家族が増えると今までの保険では適さなくなってしまいます。
保険で無駄なお金を支払っている家庭は非常に多いため、
一度、保険の見直しを無料ですので、受けてみることをお勧めします。



スポンサーリンク