妊娠中にコーラが飲みたいけど、太りたくないという方は多いかもしれません。
そこでダイエットコーラ、ゼロキロカロリーコーラを飲もうと考える方もいるかと思います。
ですが、妊娠中にゼロコーラは飲んでも良いのでしょうか?
こちらでは妊娠中のゼロコーラについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中ダイエットコーラゼロは飲んでもいいの?

コーラ

結論から言うと、極力控えた方が良いです。

まず、ゼロコーラの原材料を見てみましょう。
コカコーラ ゼロの原材料になるのですが、

炭酸、カラメル色素、酸味料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、香料、カフェイン

引用:CocaCola Japan

このようになっています。
確かに砂糖は使われておらず、カロリーもゼロキロカロリーになっていますが、
気になるのは人工甘味料です。

このコーラには人工甘味料としてスクラロース、アセスルファムKが含まれています。

この人工甘味料を使った動物実験があります。
ベイクの国立糖尿病・消化器・腎疾病研究所(NIDDK)の研究チームの実験では、

妊娠・授乳中の母マウスに人工甘味料スクラロースとアセスルファムKを摂取させたところ、子マウスの代謝に対して悪影響を及ぼし、マイクロバイオーム(細菌叢9))が変化したと発表しました(Frontiers in Microbiology 2019年6月)。

研究チームは、妊娠・授乳中の母マウスにスクラロースとアセスルファムKの混合液を、ヒトにおける1日摂取許容量に相当する量、その2倍量、水の3群に分けて投与し健康影響を検証した。母マウス(n=31)は血液、母乳、糞便、尿、子マウス(n=226)は血液、糞便、尿を解析した。子マウスを解析したところ、スクラロース、アセスルファムKは共に胎盤と母乳を通してマウスに移行することが確認された。これは以前より報告されていたことではある。

人工甘味料を1日摂取許容量の2倍量摂取した母マウスは、人工甘味料の摂取量が1日摂取許容量である母マウスと比べ、代謝変化が非常に大きかった。また、子マウスの肝機能も影響を受け、血液中の毒素を分解する働きは衰え、腸内の細菌代謝物が劇的に変化した。腸内細菌の変化は2型糖尿病や肥満に類似し、インスリン分泌、炎症、腸内細菌の変化を引き起こす糖の影響が拡大し、脂肪の蓄積を促し、2型糖尿病を誘発することが認められた。

引用:くにちか内科クリニック

この研究では、マウスを使っており、人工甘味料を1日の許容摂取量の2倍という
多量の人工甘味料を投与させているので、参考程度にしかなりませんが、
仔マウスの腸内細菌の変化が認められ、肥満や2型糖尿病を誘発することが認められたとあります。

少なくとも、人工甘味料は胎盤を通して胎児に移行するため、
注意に超したことはありせん。

この研究では動物を使っており、人間には当てはめることはできませんが、
継続して人工甘味料を摂取することは人間であっても控えた方が良さそうな結果が出ています。

人工甘味料はスクラロース、アセスルファムK以外にもアスパルテームやL-フェニルアラニン化合物などがありますが、
他の研究では、カルガリー大学のライマー教授の研究によるマウス実験があります。

実験では妊娠中のラットにアスパルテーム、ステビア、または普通の水を与え、出産後に仔の体重を測定しするとともに腸内微生物叢を調査した。

驚くべきことに、甘味料はラットの母親に対する影響はごくわずかだったものの、仔には有意な影響があった。甘味料を与えられた母親から生まれた仔は、体重が多く、体脂肪率が高くなっていた。腸内微生物に重要な変化が見られ、具体的には、プロピオン酸と酪酸を生成する微生物が増加し、乳糖を発酵させる種は減少していた。腸内細菌叢におけるこれらの変化は、仔の体重増加を引き起こした可能性があるという。

引用:LINK de DIET

この研究ではどのくらいの人工甘味料を摂取させたかわかりませんが、
仔マウスの腸内細菌の変化による体重増加を引き起こした可能性があると言っています。

これら二つの研究は人工甘味料の種類は違えど、
体重増加を示すであろう結果が出ているため、
いずれの人工甘味料も妊娠中は摂取を控えた方が良いと考えます。

スポンサーリンク

コーラにはカフェインが含まれている

妊娠中に気をつけなければいけない成分としてカフェインがありますが、
ゼロコーラにもカフェインは含まれています。

公式サイトを見てみると、ゼロコーラにはレギュラーコーヒーの約1/6、紅茶(浸出液)の約1/3、煎茶(抽出液)の約1/2と書かれていますので、
計算すると100mlあたり約10mgのカフェインが含まれていることになります。
参照:CocaCola japan

では、妊娠中にどのくらいのカフェインを摂取しても良いかというと、
世界保健機関(WHO)によると1日に摂取しても良いカフェイン量は300mg/日(コーヒーをマグカップで約2杯)としています。
英国食品基準庁(FSA)では、1日あたりのカフェイン摂取量を200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するように求めています。
カナダ保健省(HC)では、1日のカフェイン摂取量を300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)に制限するようにいっています。
参照:厚生労働省

と、海外ではカフェイン許容量が決まっています。
日本にはカフェイン摂取許容量が決まっていませんが、
産婦人科医はコーヒーなら1~2杯程度はOKとしている医師も多くおられます。
参照:ママ、あのね。

このコーヒーがどの種類のコーヒーかはわかりませんが、
コーヒーには1杯約60~100mgのカフェインが含まれています。

それを2杯程度ということなので、摂取したとしても最大で200mgのカフェイン摂取ということになります。

カフェインの量だけで行くとゼロコーラは1日に500mlペットボトルを4本まで摂取しても良いことになります。
そんなに飲む人もいないと思いますので、ゼロコーラに含まれているカフェインについては特に気にしなくても良い量と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
研究ではマウスを使った研究ですので、
これをそのまま人間に当てはめることは出来ません。

胎児に影響が出るかどうかはわかりませんが、
胎盤を通して胎児に移行することは確認されていますので、
ゼロコーラは極力控えた方が良いと考えます。

その他の飲み物や食べ物にも、カロリーオフや糖質オフと謳っている物には
人工甘味料が含まれていますので、妊娠中は注意した方が良いでしょう。

これは、どの人工甘味料でも同じだと考えます。

スポンサーリンク