妊娠中は何かと気を遣わなければいけない時期ですので、
美酢(ミチョ)を飲むにしても飲んでいいのかわからない方もいるかと思います。
こちらでは妊娠中の美酢(ミチョ)について紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中美酢(ミチョ)は飲んでもいいの?

https://twitter.com/5i7FlbOTA67TIzm/status/1518198089492103169

美酢(ミチョ)の原材料を見てみると、

フラクトオリゴ糖、ざくろ酢、ざくろエキス/酸味料、香料、甘味料(ステビア抽出物)

引用:CJ FOODS

このようになっています。
上記はざくろ味ですが、他にパイナップル味とマスカット味などがあり
原材料に若干の違いはありますが、似た感じになっています。

飲み方としては、水で割ったり、牛乳や炭酸水で割るのが一般的なようです。

では、妊娠中に美酢(ミチョ)を飲んでもいいかについてですが、
基本的に飲んでも良いが量はほどほどにといった感じです。

美酢(ミチョ)にはカフェインは含まれていませんし、
他に妊娠中摂取してはいけない成分も入っていません。
一部人工甘味料が入っているのが気になりますが、過剰に摂取しなければ
問題ないかと思います。

どのくらいの量摂取してもいいの?

美酢(ミチョ)には糖類が含まれていますので、まず糖類をどれくらい摂取してもいいのかについて見ていきましょう。

世界保健機関(WHO)によると、

成人及び児童の1日当たり遊離糖類摂取量を、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めている。また5%まで減らして、1日25g(ティースプーン6杯分)程度に抑えるなら、更に健康効果は増大する

引用:食品安全委員会

健康の増大を図るのであれば、1日の遊離糖類は25g以下にするように言っています。
遊離糖類というのは、砂糖をはじめ果糖、ショ糖、果汁、シロップ、蜂蜜などのことを指します。

美酢(ミチョ)には4倍希釈で200mlあたり遊離糖類が15.2g含まれています。
マスカット味は17.5gと一番遊離糖類が多く含まれています。

健康の増大を図るのであれば、美酢(ミチョ)だけで遊離糖類を摂取するのであれば、
1杯飲んでも25g以下という数値以内に収まりますが、
おやつ(間食)を食べる方であれば、25g以下という数値は簡単に超えてきます。
おやつの一部ですが、どれくらい砂糖が含まれているのか見ていくと、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

プリンやアイスを食べるだけで16gもの砂糖を摂取することになるため、
美酢(ミチョ)も飲んだとしたら25gを越えてきます。

WHOの推奨するエネルギー総摂取量の10%未満というものを基準に考えると
1日の遊離糖類は50g未満摂取できるということになります。

美酢(ミチョ)だけで遊離糖類を摂取するのであれば、1日に2杯程度は飲むことができますが、
おやつも食べるということであれば、1日に1杯程度でとどめておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

糖類を摂り過ぎるとどうなるの?

たまに過剰摂取したとしても特に問題はないのですが、
日常的に過剰摂取しているとママの肥満のリスクや高血圧のリスク、糖尿病のリスクなど生活習慣病のリスクが増大します。

それだけでなく、ママの心臓病のリスクも増大するようです。
参照:アスゲン製薬株式会社

また、ママだけではなく生まれてくる赤ちゃんにも影響が出る可能性があります。
呼吸ケアクリニック東京によれば、妊娠中に砂糖を過剰摂取していると
生まれてきた赤ちゃんのアトピーやアトピー性喘息のリスクの高さと関係していたというのです。
参照:呼吸ケアクリニック東京

ですので、日常的に糖類を過剰摂取しているようであれば、生活習慣を見直した方が良いです。

なお、菓子パンにも多くの糖類が含まれていますので、
日常的に食べないようにした方が良いでしょう。

人工甘味料はどうなの?

美酢(ミチョ)には人工甘味料としてステビアが含まれています。

このステビアですがLINK de DIETというサイトを見てみると、

妊娠中に甘味料のステビアやアスパルテームを摂取すると、産まれた子は肥満リスクが高まるとともに腸内細菌叢に特定の変化があったという。カナダ・カルガリー大学による動物実験から。一方で、母親における影響はごくわずかだったという。

多くの人が、砂糖の「より健康的な代替品」として低カロリーの甘味料を使っているが、妊娠時には予期しない影響の可能性があるという。成人ではほとんど無害とされるが、先行研究では、母親による摂取が産まれた赤ちゃんの肥満リスクと微生物叢に影響を与える可能性が示唆されている。しかし、微生物群の特定の変化と肥満との潜在的な関連を理解するための詳細な調査は存在しなかった。

引用:LINK de DIET

と述べています。
母体には影響はほとんどないようなのですが、生まれてくる赤ちゃんにとっては
肥満のリスクと微生物叢に影響を与える可能性があると言っています。

ですので、ステビアだけではないですが妊娠中の人工甘味料の多量摂取は控えた方が良さそうです。

詳しく知りたい方はこちら
LINK de DIET

まとめ

いかがでしたでしょうか?
美酢(ミチョ)は妊娠中に基本的には飲んでも良いのですが、
遊離糖類が含まれているため、飲む量には注意が必要です。

水、炭酸、牛乳どれで割って飲んでも良いですが、
おやつを食べる人であれば1日1杯程度で抑えておいた方が健康に良いです。

ステビアという人工甘味料がどうしても気になると言う場合は飲まない方が良いです。

スポンサーリンク