妊娠中は気を遣う時期ですので、アップルティーを飲むにしても
飲んでいいのかわからない方もいるかと思います。
アップルティーは妊娠中に飲んでもいいのでしょうか?
また、飲めるとしたらどのくらいの量飲んでもいいのでしょうか?
こちらでは妊娠中のアップルティーについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中アップルティーは飲んでもいいの?妊娠初期やつわり時は?

アップルティー

結論から言うと妊娠初期でもつわり時期でも妊娠中期でも妊娠後期でも
どの時期でもアップルティーは飲んでも構いません。

ただし、砂糖が含まれているものは量に気をつけることと
人工甘味料が含まれている物は極力飲まないようにしましょう。

では、なぜアップルティーを飲んでいいのかについて見ていくと、
アップルティーは簡単に言うと紅茶にリンゴを混ぜた物です。

ですので、当然カフェインは入っているのですが、
例えばリプトンのアップルティー(ペットボトル500ml)を見ると
100ml中に10mg未満のカフェインが含まれています。
参照:SUNTORY

未満と書いてますが、多く見積もって10mg入っているものと計算して
500ml飲んだとしても50mgのカフェイン摂取となります。

妊娠中のカフェイン摂取許容量についてですが、
世界保健機関(WHO)によると1日に摂取しても良いカフェイン量は300mg/日(コーヒーをマグカップで約2杯)としています。
英国食品基準庁(FSA)では、1日あたりのカフェイン摂取量を200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するように求めています。
カナダ保健省(HC)では、1日のカフェイン摂取量を300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)に制限するようにいっています。
参照:厚生労働省

と、海外ではカフェイン許容量が決まっています。
日本にはカフェイン摂取許容量が決まっていませんが、
産婦人科医はコーヒーなら1~2杯程度はOKとしている医師も多くおられます。
参照:ママ、あのね。

このコーヒーがどの種類のコーヒーかわかりませんが、
コーヒーにはカップ1杯中60~90mg程度のカフェインが含まれています。
それを2杯ということなので、1日に120~180mg程度のカフェイン摂取なら問題ないとしています。

ですので、アップルティーはカフェイン含有量が少ないため、
多量に飲まない限り常識範囲内で飲んでも構わないのです。

スポンサーリンク

どのくらいの量飲んでもいいの?

アップルティーの種類にもよると思いますが、
ペットボトルや紙パックなどに入っているアップルティーの場合は、
多くても100ml当たり10mg程度のカフェインが入っていると思われます。

アップルティーのティーバッグも調べて見ましたが、
どの程度のカフェインが含まれているのかわかりませんでした。
ですので、ここでは紅茶と同様に考えてティーカップ1杯当たり20~30mg程度のカフェインが含有しているものとして考えます。

そうなると、カフェイン的にはペットボトルや紙パックに入っているアップルティーだと
1日に2L程度までは飲んでも問題ないことになります。

ティーバッグの場合だと、カップ5~6杯程度飲めるという計算になります。

ですが、これは飲み過ぎに当たると思われますので、
いずれもせいぜい飲んだとしても500ml~1L程度(カップ2~3杯)で抑えておいた方が無難でしょう。

これはカフェインの量での話ですので、砂糖が含まれているアップルティーの場合はどうでしょうか?

リプトンのアップルティー(ペットボトル500ml)には100ml当たり糖類が7.2g含まれています。
500ml飲んだとしたら36gの糖類を摂取することになります。

1日に糖類をどれくらい摂取してもいいのか見てみると、
世界保健機関(WHO)ではこう言っています。

成人及び児童の1日当たり遊離糖類摂取量を、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めている。また5%まで減らして、1日25g(ティースプーン6杯分)程度に抑えるなら、更に健康効果は増大する

引用:食品安全委員会

健康の増大を図るのであれば、1日の遊離糖類の摂取量は25g以下となります。
遊離糖類というのは砂糖をはじめぶどう糖や果汁、シロップ、はちみつなどのことを指します。

これに従えばリプトンアップルティー(ペットボトル500ml)を1本飲むと制限を超えてしまいます。

ですので、WHOの勧めるエネルギー総摂取量の10%未満というものに当てはめると、
1日の糖類は50g未満摂取して良いことになります。

これだと、リプトンアップルティー(ペットボトル500ml)を1本飲んでも問題がなさそうです。
しかし、おやつを食べることを考えると摂り過ぎになる可能性があります。
おやつに含まれる砂糖を一部ですが見てみると、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

プリンやアイスを食べただけで16gもの砂糖を摂取することになりますので、
ここにアップルティー500ml飲んだとしたら52gの糖類を摂取することになります。

これがたまになら良いのですが毎日このような生活をしていると糖類の過剰摂取に繋がります。
ですので、砂糖入りのアップルティーを飲む場合は、飲む量を減らすか、
3日に1本や1週間に1本飲むというように間隔をあけて飲むようにすると良いでしょう。

カフェインを摂取しすぎるとどうなるの?

カフェインを摂取しすぎると流産や死産のリスクが高くなると言われています。
具体的に見ていくと、堀産婦人科によると

流産、死産率については、カフェインの摂取量が1日150mg未満の妊婦に較べて300mg以上摂取する妊婦の流産のリスクが2倍に、コーヒー1日8杯以上で死産のリスクを高めるという報告があります。カフェインは胎盤を流れる血液の量を減少させますが、胎児発育との関連性のついては関連があるという報告と、ないという報告の両方があり、いまのところは結論がでていません。しかしカフェイン摂取と同時に喫煙をする習慣のある妊婦では明らかに胎児の発育の遅れがみられ、早産の傾向も認めます。

引用:堀産婦人科

カフェインを日常的に300mg摂取し続けていると、カフェインを日常的に150mg未満摂取している妊婦に比べて
流産や死産が2倍になるというのです。
また、喫煙もしているようであれば、発育の遅れも見られるとのことです。

カフェインは胎盤を通して赤ちゃんに移行します。
赤ちゃんに多量のカフェインが体内に入ると、
脳の発育に影響が出る可能性があるため、
過剰にカフェインを摂取してからの授乳は避けてください。
参照:東京すくすく

ということもあるようなので、カフェインの過剰摂取は避けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

人工甘味料を摂取し続けるとどうなるの?

たまに人工甘味料を摂取する分にはおそらく問題ないでしょうが、
日常的に人工甘味料を摂取し続けていると、あくまでも可能性としての話なのですが

カルガリー大学のライマー教授の研究によるマウス実験があります。

実験では妊娠中のラットにアスパルテーム、ステビア、または普通の水を与え、出産後に仔の体重を測定しするとともに腸内微生物叢を調査した。

驚くべきことに、甘味料はラットの母親に対する影響はごくわずかだったものの、仔には有意な影響があった。甘味料を与えられた母親から生まれた仔は、体重が多く、体脂肪率が高くなっていた。腸内微生物に重要な変化が見られ、具体的には、プロピオン酸と酪酸を生成する微生物が増加し、乳糖を発酵させる種は減少していた。腸内細菌叢におけるこれらの変化は、仔の体重増加を引き起こした可能性があるという。

引用:LINK de DIET

この研究ではマウスを使用して実験しているので、その結果をそのまま人間に当てはめることは出来ませんが、
動物実験で子供の肥満に影響が出ているため、人間の場合、このような結果が絶対に出ないとは言い切れませんので、
妊娠中は人工甘味料の摂取を極力控えた方が良いと考えます。

他にもベイクの国立糖尿病・消化器・腎疾病研究所(NIDDK)の研究チームの実験では、

妊娠・授乳中の母マウスに人工甘味料スクラロースとアセスルファムKを摂取させたところ、子マウスの代謝に対して悪影響を及ぼし、マイクロバイオーム(細菌叢9))が変化したと発表しました(Frontiers in Microbiology 2019年6月)。

研究チームは、妊娠・授乳中の母マウスにスクラロースとアセスルファムKの混合液を、ヒトにおける1日摂取許容量に相当する量、その2倍量、水の3群に分けて投与し健康影響を検証した。母マウス(n=31)は血液、母乳、糞便、尿、子マウス(n=226)は血液、糞便、尿を解析した。子マウスを解析したところ、スクラロース、アセスルファムKは共に胎盤と母乳を通してマウスに移行することが確認された。これは以前より報告されていたことではある。

人工甘味料を1日摂取許容量の2倍量摂取した母マウスは、人工甘味料の摂取量が1日摂取許容量である母マウスと比べ、代謝変化が非常に大きかった。また、子マウスの肝機能も影響を受け、血液中の毒素を分解する働きは衰え、腸内の細菌代謝物が劇的に変化した。腸内細菌の変化は2型糖尿病や肥満に類似し、インスリン分泌、炎症、腸内細菌の変化を引き起こす糖の影響が拡大し、脂肪の蓄積を促し、2型糖尿病を誘発することが認められた。

引用:くにちか内科クリニック

人工甘味料の種類は異なりますが、動物実験においては肥満、脂肪の蓄積、糖尿病と言った影響が認められています。
こちらも動物実験なので、人間に起こるかというと起こらない可能性はありますが、
起こる可能性も否定できないため、やはり妊娠中の人工甘味料は控えた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
アップルティーは妊娠中のどの時期にでも飲んでも構いませんが、
砂糖が入っているアップルティーは砂糖の摂り過ぎになる可能性があるため、
飲み過ぎには注意してください。

また、人工甘味料が使用されているアップルティーは
赤ちゃんに影響が出る可能性が否定できないため、極力避けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク