目玉焼きの半熟やゆで卵の半熟など卵料理には半熟があると思いますが、
妊娠中食べても良いのでしょうか?何か注意点はあるのでしょうか?
こちらでは妊娠中の半熟卵について紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中半熟卵は食べてもいいの?

半熟卵

結論から言うと、新鮮な卵の場合サルモネラ菌の危険性はほとんどないと言えますので、
妊娠中半熟卵は食べてもほぼ問題ありません。
とはいえ、新鮮な卵に限ります。

半熟部分はしっかりと火が通っていないので、もし菌がその中にいれば
殺菌まではされないと思いますが、新鮮な場合はそもそも菌の数が少ないため
食中毒になることはほとんどありません。

妊娠中チョコレートはちょっと待って!ポリフェノールに注意が必要?

サルモネラ菌の食中毒になるとどうなるの?

生卵の食中毒で一般的に言われているのはサルモネラ菌の食中毒で、
症状としては通常8~48時間の潜伏期を経て発病します。
最も見られる症状としては急性胃腸炎で、腹痛、下痢、38℃以上の発熱などの症状がみられます。
重症化すると菌血症や急性脱水症になる場合もあります。
参照:NIID国立感染症研究所

サルモネラ食中毒になる確率は?

実際どれくらいの割合でこの食中毒にかかるのか見ていきましょう。
2009年とちょっと古いデータになりますが、2000年以降減少傾向にあり
年間患者数は3000人程度で推移しているようです。

原因としては、鶏卵と鶏肉になるのですが、傾向としては
仕出し屋、給食施設、宿泊施設が多く集団食中毒が起こっています。
大規模な食中毒としては1999年に1件、2002年に3件、2007年に1件発生しています。
参照:IASR

この集団食中毒は生卵が原因というわけではなく、
鶏肉を切った包丁を洗わずに野菜を切ったなど、
鶏肉からサルモネラ菌が他の食材へ移行し増殖したものと思われます。

この食中毒は食中毒菌であるサルモネラ菌が1個や2個摂取しただけでは発症せず、
通常は1万~10万個程度の菌を摂取すると発症するようです。
もちろん体調や抵抗力、大人と子供の違いや妊娠中であるかどうかによって
違いはありますので、参考程度にとどめておいてください。
参照:こおらす

では、次に新鮮な卵にどのくらいの割合でサルモネラ菌が存在するのか見ていくと、
日本で流通する生卵の汚染率は5000個~2万個に1個と考えられており、
その汚染された卵の中にいるサルモネラ菌の数は1個あたり10細胞程度のため、
汚染卵が新鮮な場合(賞味期限内で正しい保存法をしている場合)は
基本的に発症には至らないようです。
参照:食品微生物学(検査と制御方法)

とはいえ、妊娠中は抵抗力が低下していることと、サルモネラ食中毒の可能性が0%ではないので、心配な場合は生卵を口にしないでください。

もちろんですが、保存方法がちゃんとされていない卵や
生食用ではない卵、賞味期限を過ぎた卵はしっかりと加熱して食べるようにしてください。
新鮮な卵でしたら基本的にサルモネラによる食中毒は気にしなくても良いでしょう。

古い卵だとどうなるの?

古い卵(賞味期限の切れた)の場合、汚染された卵内の菌が時間が経つごとに増殖していきますので、
生や半熟の状態で食べると食中毒になる恐れがあります。

ですので、半熟卵を食べる場合は、新鮮な卵を使用してください。
もちろんお店などで出てくる半熟卵は新鮮なものを使用していますので、
サルモネラ菌の食中毒の心配はほとんどしなくても良いでしょう。

スポンサーリンク

気になる場合はしっかりと加熱すること

サルモネラ菌は一般的に中心部が75℃以上で1分以上加熱をすると殺菌されます。
半熟卵の場合、中心部まで火がしっかりと通っていませんので、
菌が殺菌されていない場合があります。
とはいえ、汚染卵(賞味期限内のもの)だったとしても1個の卵の中には10細胞程度の菌しかいませんので、
基本的に食中毒になることはないのですが。

それでも心配という場合は、半熟卵を電子レンジなどで加熱するようにしてください。
2分も加熱すれば中までしっかりと加熱されます。
ただ、そのままゆで卵を電子レンジで加熱すると爆発する恐れがあるため、
殻が付いている場合は殻を取って、ゆで卵に5カ所ほど爪楊枝などで穴を開けてから加熱するようにしてください。

半熟卵を食べて心配な場合は?

通常サルモネラ食中毒は8~48時間程度で症状が出ます。
長くても3~4日には症状が出ますので、万が一症状が出たら
かかりつけの医師に診てもらいましょう。

症状が出なければ、食中毒にはなっていないということなので、
特に心配する必要はありません。

まとめ

卵の殻は出荷前に洗浄されていますので、
殻にサルモネラ菌が付いているということはほぼありません。
5000個~2万個の中に1個の確率で卵内部にサルモネラ菌が存在する
いわゆる汚染卵があるのですが、汚染卵内にいるサルモネラ菌も10細胞程度なので、
よほど古い卵でない場合、食べても食中毒にかかることはありませんので、
半熟卵を食べたとしても、卵が新鮮な場合は食中毒にかかる可能性は極めて低いため、
基本的には気にする必要はありません。

卵が賞味期限切れや保存状態が悪い卵の場合は、
中心部が75℃以上で1分以上しっかりと加熱した上で食べるようにしてください。

他のサイトではサルモネラ菌について過剰に書かれている部分がありますが、
新鮮な卵の場合は、それほど心配するものでもありません。

子供が生まれるというのは人生の節目!保険を見直すべき理由とは?

スポンサーリンク