妊娠中は何かと気を遣う時期です。
そんな時期に、ソルティライチは飲んでも良いのでしょうか?
また、飲めるとした場合どのくらいの量飲んでも良いのでしょうか?
こちらでは妊娠中のソルティライチについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中ソルティライチを飲んでもいいの?初期やつわり時期は?

https://twitter.com/YOU_0614_/status/1512264837375881216

結論から言うと、妊娠初期、つわり時期、中期、後期とどの時期でも
ソルティライチを飲んでも問題ありません。

ソルティライチの原材料を見てみると、

果実(ぶどう、グレープフルーツ、ライチ)、砂糖類(果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、果糖)、食塩(沖縄県産)/酸味料、香料

引用:KIRIN

と、妊娠中に摂取してはいけない成分は含まれていません。
また、カフェインも含まれていませんので、飲んでも問題がないのです。
ただし、砂糖が含まれていますので飲み過ぎには注意といったところです。

どのくらいの量飲んでもいいの?

どのくらいの量飲んでもいいかというと、
その前に1日にどのくらいの砂糖を摂取しても良いか見ていく必要があります。

世界保健機関(WHO)によると、

成人及び児童の1日当たり遊離糖類摂取量を、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めている。また5%まで減らして、1日25g(ティースプーン6杯分)程度に抑えるなら、更に健康効果は増大する

引用:食品安全委員会

ちなみに遊離糖類というのは、砂糖(ショ糖)をはじめ、果糖(果汁など)も含めた糖類のことを指します。

ソルティライチには果実とその他糖類が含まれております。
500mlペットボトル1本あたりに糖類は、42g含まれています。
参照:KIRIN

健康の増大を図るのであれば、1日の遊離糖類は25g以下にするように言っていますので、
これに当てはめると1日に1本飲むのは多いことになります。
1週間に1度など間隔をあけて1本飲むという場合は問題ないでしょう。

では、エネルギー総摂取量の10%未満というのに当てはめると、
1日の遊離糖類摂取量は50g未満まで摂取しても良いということになります。

これだと、ソルティライチを1日に1本飲んでも問題ないことになります。
しかし、他におやつなどで砂糖を摂取するようであれば、この数値も余裕で超えてくることになります。
一部ですがおやつにどのくらいの砂糖が含まれているのか見てみると、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

プリンやアイスを食べただけで16gもの砂糖を摂取することになります。
そこにソルティライチを1本飲むと50gを越えてきます。

つわり時期でソルティライチしか飲めないという場合は別ですが、
おやつなども食べるということであれば、3日に1度ソルティライチを1本飲むか、
毎日飲みたいのであれば、ペットボトルの半分程度に控えたり、1日200mlだけ摂取するというような工夫が必要になるかと思います。

スポンサーリンク

砂糖を摂り過ぎるとどうなるの?

砂糖を日常的に摂り過ぎると、ママに起こる症状としては、
肥満のリスクや糖尿病のリスクなどの生活習慣病のリスクが増大します。

それだけでなく、ママの心臓病のリスクも高くなると言われています。
参照:アスゲン製薬株式会社

 

胎児には影響がないかと言えば、そうではなく生まれてくる赤ちゃんに影響があると言われています。
呼吸ケアクリニック東京によれば、妊娠中に砂糖を過剰摂取していると
生まれてきた赤ちゃんのアトピーやアトピー性喘息のリスクの高さと関係していたというのです。
参照:呼吸ケアクリニック東京

なお、菓子パンにも砂糖がたくさん含まれていますので、
毎日食べるということは控えてください。

熱中症対策として飲むなら

熱中症対策として飲むならソルティライチには糖類が多く含まれていますので、
できれば、ポカリスエットやアクエリアスの方が砂糖は少ないため、
こちらをお勧めします。特にアクエリアスはスポーツドリンクの中では砂糖が少ない部類に入ります。

ただし、0キロカロリーのアクエリアスには人工甘味料が含まれており、
多量に摂取すると胎児に影響を及ぼす可能性がありますので、控えてください。

関連記事

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ソルティライチは妊娠中のどの時期にでも飲んでも問題ありません。
ただし、砂糖が含まれていますので過剰に摂取することは控えましょう。

もし熱中症対策目的で飲むのであれば、アクエリアスの方が砂糖が少ないため
そちらをお勧めします。

スポンサーリンク