妊娠中は様々なことに気を遣わないといけませんが、
アサヒから発売された和紅茶は妊娠中に飲んでもいいのでしょうか?
また、飲めるとしたらどれくらいの量飲んでも良いのでしょうか?
こちらでは、妊娠中の和紅茶について紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中にアサヒの和紅茶を飲んでもいいの?

和紅茶

結論から言うと妊娠初期やつわり時期、中期、後期どの時期においても
和紅茶を飲んでも構いません。

では、なぜ飲んでも問題ないのか?についてですが
アサヒの和紅茶の原材料をまず見てみましょう。

紅茶(鹿児島県産)/香料、ビタミンC

引用:アサヒ飲料

となっています。
和紅茶とは、日本の茶葉を使用した紅茶のことで、
紅茶ですので、当然カフェインが含まれています。

アサヒ和紅茶に含まれるカフェインの量は公式サイトによると100mlあたり約10mg含まれています。
緑茶には100mlあたり20mg程度のカフェインが含まれているのですが、
アサヒの和紅茶は茶葉を作る際に加熱の工程でカフェインが昇華してカフェイン量が少なくなっている物と思われます。

アサヒ和紅茶は500mlペットボトル入りなので、1本飲むと約50mgのカフェインを摂取することになります。
この量はコーヒーよりも若干カフェインが少ない量です。

妊娠中のカフェイン摂取許容量についてですが、
世界保健機関(WHO)によると1日に摂取しても良いカフェイン量は300mg/日(コーヒーをマグカップで約2杯)としています。
英国食品基準庁(FSA)では、1日あたりのカフェイン摂取量を200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するように求めています。
カナダ保健省(HC)では、1日のカフェイン摂取量を300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)に制限するようにいっています。
参照:厚生労働省

というように、海外ではカフェイン摂取許容量が決まっており、
制限の厳しいFSAでも1日に200mgまでならカフェインを摂取して良いことになっています。

日本には海外のような制限はありませんが、
産婦人科医の多くはコーヒーなら1~2杯なら飲んでも良いと言っています。
参照:ママ、あのね。

このコーヒーがどんな種類かはわかりませんが、コーヒーには1杯あたりおよそ60~90mg程度のカフェインが含まれていますので、
2杯ということは120~180mgまではカフェインを摂取して良いということになります。

だいたいFSAの1日200mgに近い数値ですね。

ですので、アサヒ和紅茶は1本飲んだとしても約50mgのカフェインしか摂取しないため、
妊娠中に飲んでも問題がないのです。

どのくらいの量飲んでも良いの?

これについては上記に書いた数値でだいたいわかるかと思いますが、
1日に最大200mgのカフェインを摂取しても良いとのことですから、
和紅茶は最大で2L飲むことができます。
といっても、一度に2Lも飲んでしまうと、身体に影響が出る可能性があるため、
間隔をあけて飲むことをお勧めします。

ただし、和紅茶以外からカフェインを摂取することを考えるともう少し減らした方が良いでしょう。
カフェインはコーヒーをはじめ、緑茶、ほうじ茶、烏龍茶、紅茶、コーラ、栄養ドリンク、
エナジードリンク、ココア、チョコレートなどにも含まれていますので、
他からのカフェイン摂取をされる方は、和紅茶は1日に飲んでもペットボトル2本程度でとどめておいた方が良いかもしれません。

他からのカフェイン摂取をされない方でも1日に多くて3本程度にとどめておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

カフェインを摂りすぎるとどうなるの?

カフェインを摂りすぎると、まずママに起こる影響としては
めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気などの症状が出る場合があります。
参照:厚生労働省

また、カフェインの摂りすぎは胎児にも影響します。
堀産婦人科のサイトを見てみると、

流産、死産率については、カフェインの摂取量が1日150mg未満の妊婦に較べて300mg以上摂取する妊婦の流産のリスクが2倍に、コーヒー1日8杯以上で死産のリスクを高めるという報告があります。カフェインは胎盤を流れる血液の量を減少させますが、胎児発育との関連性のついては関連があるという報告と、ないという報告の両方があり、いまのところは結論がでていません。しかしカフェイン摂取と同時に喫煙をする習慣のある妊婦では明らかに胎児の発育の遅れがみられ、早産の傾向も認めます。

引用:堀産婦人科

というように流産の可能性が高くなることがわかっています。
和紅茶だけで考えると、300mgのカフェインというのは、3L分(ペットボトル6本分)になります。
コーヒーを飲まれる方は、例えばセブンイレブンのコーヒーRサイズには、
種類によって異なりますが、58mg~103mgのカフェインが含まれています。
参照:セブンイレブン

一番多くカフェインが含まれているアイスコーヒーの場合、103mg含まれていますので、
こちらを飲んだ場合、和紅茶を1本程度しか飲むことができなくなります。

何が言いたいのかというと、妊娠中のカフェインはほどほどに楽しむ程度にした方が良いということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
アサヒの和紅茶は通常の紅茶と比べてカフェインが1/2~1/3程度しか含まれていませんので、
そんなにカフェインのことを気にしなくても良い飲み物です。

1日に飲む量としては多くても2~3本程度にとどめた方が良いでしょう。
また、アサヒの和紅茶は無糖ストレートですので、砂糖の心配や甘味料の心配なども
ないため、妊娠中に紅茶を楽しみたい人に向いている飲み物と言えるかと思います。

スポンサーリンク