妊娠中は何かと気を遣う時期ですが、イミューズは飲んでも良いのでしょうか?
また、飲めるとしたらどのくらいの量飲んでも良いのでしょうか?
こちらでは妊娠中のイミューズについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中にイミューズは飲んでもいいの?妊娠初期やつわり時期は?

https://twitter.com/yuzumikan_plus/status/1511609782901231616

結論から言うと、妊娠初期、つわり時期、中期、後期どの時期に飲んでも
問題ありません。

イミューズは3種類販売されていますが、水とヨーグルトテイストは気になる成分は入っていないのですが
レモン味には人工甘味料が含まれていますので摂取しすぎには注意した方が良いです。

また、レモン味やヨーグルトテイストには砂糖が含まれていますので、
飲み過ぎには注意してください。
参照:KIRIN

人工甘味料については後述します。

スポンサーリンク

どれくらい飲んでもいいの?

水に関しては砂糖や人工甘味料など一切含まれていませんので、
特に量など気にする必要なく飲んでも良いでしょう。

レモン味については人工甘味料が含まれていますので
飲まない方が良いので、こちらは置いておいて
ヨーグルトテイストですが、こちらは砂糖が1本(500ml)あたりに50gの砂糖が含まれています。

砂糖を1日にどのくらい摂取しても良いかについてですが、
世界保健機関(WHO)によると、

成人及び児童の1日当たり遊離糖類摂取量を、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めている。また5%まで減らして、1日25g(ティースプーン6杯分)程度に抑えるなら、更に健康効果は増大する

引用:食品安全委員会

というように健康の増大を図るのであれば1日の砂糖摂取量は25g以下となります。
となると、イミューズヨーグルトテイストは1日に飲んだとしても200ml程度しか飲むことが出来ません。

しかし、イミューズだけしか摂取しないのであればそれで良いかもしれませんが、
おやつなどを食べるということであれば、簡単に25g以下という数値を超えてきます。
おやつに含まれる砂糖の量ですが一部見てみると、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

プリンやアイスを食べただけで16gもの砂糖を摂取することになりますので、
そこにイミューズヨーグルトテイストを飲むと簡単に25gを越えてしまいます。

WHOでは、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めています。
これにあわせると1日の砂糖摂取量は50g未満まで摂取できるということになります。

つわり時期でイミューズしか飲めないという場合は、1本飲んでも問題はないでしょう。
しかし、他から砂糖を摂取するとなれば、毎日飲むのは砂糖の摂り過ぎになる可能性が高いです。

ですので、イミューズヨーグルトテイストは3日に1度1本飲んだり、1週間に1度1本飲んだり、
毎日飲みたいのであれば、1日に100ml程度で抑えたりといった工夫が必要になるでしょう。

砂糖を摂り過ぎるとどうなるの?

たまに砂糖を過剰摂取したとしても特に問題はないのですが
日常的に砂糖を過剰摂取していると、
ママの肥満のリスクや高血圧のリスク、糖尿病のリスクなど生活習慣病のリスクが高くなります。
それだけでなく、ママの心臓病のリスクも高くなると言われています。
参照:アスゲン製薬株式会社

それだけでなく、胎児というか生まれてくる赤ちゃんにも影響が出るようです。
呼吸ケアクリニック東京によれば、妊娠中に砂糖を過剰摂取していると
生まれてきた赤ちゃんのアトピーやアトピー性喘息のリスクの高さと関係していたというのです。
参照:呼吸ケアクリニック東京

ですので、砂糖を日常的に過剰摂取し続けるのは気をつけてください。

なお、菓子パンにもたくさんの砂糖が含まれていますので
毎日食べるということは控えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

妊娠中の人工甘味料について

イミューズのレモンには人工甘味料であるスクラロースとアセスルファムKが含まれています。
参照:KIRIN

まずスクラロースから見ていくと、
スクラロースはショ糖の600倍の甘さがあるのですが、カロリーはゼロで
摂取した物は吸収されずに排出されると言われています。
また、血糖値の上昇もないため、糖尿病患者でも摂取できる甘味料と言われています。
参照:人工甘味料の専門ページ

ここだけ見ると、害はないように見えます。
実際、アメリカとヨーロッパ、日本など認可されている国も多く、
アスパルテームやアセスルファムKなどの人工甘味料と比べて安全と言われています。

しかし、くにちか内科クリニックのサイトでは
スクラロースは10~30%は吸収されると言っています。
これは尿中に10~30%程度排出されているのが確認されているので、
消化管から吸収されていると考える方が科学的という見解からです。

また、アセチル化されたスクラロース代謝物が脂肪組織に残存しているのが確認されたと言っています。

詳しく知りたい方はこちらを読んでください。
本当に危ない人工甘味料(その2)

 

次に米国の国立糖尿病・消化器・腎疾病研究所の研究チームによるマウス実験ですが
妊娠・授乳中の母マウスにスクラロースとアセスルファムKを摂取させたところ、
子マウスの代謝に対して悪影響を及ぼし、マイクロバイオーム(細菌叢9)が変化したと発表しています。
投与した人工甘味料の量は1日摂取許容量の2倍摂取させて、
人工甘味料の摂取量が1日摂取許容量である母マウスと比べて、
代謝変化が非常に大きかったと述べています。

子マウス(胎児も含む)の肝機能にも影響を受けて、血液中の毒素を分解する働きが衰えたり、
腸内の細菌代謝物が劇的に変化したと述べています。
また、インスリン分泌、炎症、腸内細菌の変化を引き起こす糖の影響が拡大し、
脂肪の蓄積を促して、2型糖尿病を誘発することが認められたそうです。
参照:くにちか内科クリニック

なお、人の1日のスクラロース摂取許容量は
アイルランド食品安全庁(FSAI)によると、0~15mg/kg体重と設定しています。
参照:食品安全委員会

これは、50kgの方の場合だと最大で750mg摂取できることになります。
ちなみに、イミューズをはじめ、清涼飲料は量までは公表しなくても良いため、
イミューズにどれくらいの量のスクラロースが入っているのかは不明ですが、
清涼飲料2L中に多くても800mg含まれているそうです。
参照:みたき健診クリニック

イミューズ1本中にどれくらいのスクラーロースが含まれているのかはわかりませんが、
多くても、200mgのスクラロースが含まれていると考えることができます。

今回の研究報告では、母マウスに1日の摂取許容量の2倍でしたので、
人間で例えるならイミューズレモンを1日におよそ4L弱飲むと危険ということが予想されます。
まあ、そんなに飲む人はいないでしょうが、スクラロースは人工甘味料の中では安全と言われていますが、
母体、胎児ともに健康に害がないかというと、100%安全とは言い切れないため、
飲むのであれば、過剰に摂取せずに適度に飲むようにした方が良いでしょう。

いずれにせよ、胎児に影響が出る可能性が否定できませんので飲まないに越したことはないと考えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
イミューズは3種類出ていますが、その中でイミューズ水が一番健康に良いと言えます。
次にヨーグルトテイストですが、1本中に50gもの砂糖が含まれており、
これはカルピスやコーラと同じくらい(正確には若干少ない)の量の砂糖が含まれていますので
飲み過ぎには注意してください。

レモン味については砂糖は少ないのですが人工甘味料が含まれていますので、
こちらは積極的に飲むということは控えた方が良いと考えます。

スポンサーリンク