オロナミンCにはカフェインが含まれており、妊娠中の方は
気にされる方もいるかと思います。
では、妊娠中であってもオロナミンCは飲んでも良いのでしょうか?
また、量はどれくらいまでOKなのでしょうか?
こちらでは妊娠中のオロナミンCについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中にオロナミンCは飲んでもいいの?

オロナミンC

結論から言うと妊娠初期であっても、中期であっても後期であっても
オロナミンCは飲んでも問題ありません。

なぜオロナミンCを飲んでも良いのか見ていくと、
オロナミンCに含まれているカフェイン量が少ないからです。

妊娠中のカフェイン摂取量は
世界保健機関(WHO)では1日300mgまでとされており、
英国食品基準庁(FSA)では1日200mgまでとしております。
また、カナダ保健省(HC)では1日300mgまでとしています。

どれもコーヒーをマグカップ2杯程度までとしております。
参照:厚生労働省

日本ではこのような基準は設けられていませんが、
産婦人科医の多くはコーヒーを1日1~2杯までならOKとする医師は多いです。
参照:ママ、あのね。

ここで言うコーヒーがレギュラーコーヒーとした場合、マグカップ1杯中におよそ90mgのカフェインが含まれていますので、
それが2杯ということなので、180mg程度となります。

英国食品基準庁の値に近い数値まではOKということですね。

では、オロナミンC1本中にどれくらいのカフェインが含まれているのかというと、
19mg含まれています。
参照:大塚製薬

ですので、オロナミンCを1本飲んだからと言って、
問題がないことは明白ですね。

ただし、1日に2本など毎日飲むと・・・

オロナミンCには砂糖が含まれている

オロナミンCには砂糖が含まれています。
1本(120ml)中におよそ18gの砂糖が含まれています。
参照:海老名メディカルプラザ

世界保健機関(WHO)では、1日の砂糖摂取量は25g以下が望ましいと言っています。
これに照らし合わせると、オロナミンCを1本飲むだけで25gという数値の半分以上を
オロナミンCで摂取してしまうことになります。
おやつなどを食べず、オロナミンCだけを1本飲むというのなら問題はないのですが、
おやつ(間食)は食べるかと思います。
そうすると、簡単に25gという数値を超えてきます。
なお、食べ物にどれくらいの砂糖が含まれているか、一部ですが見ていきましょう。
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

普段プリンを1つ、アイスを1つ食べるというのは良くあることだと思います。
例えば、プリンを一つ食べてオロナミンCを1本飲んだら、それだけで25gという数値を超えてきます。
また、砂糖は料理にも含まれているため、それ以上の砂糖を摂取することになります。

といっても、WHOの言う25gという数値がどれだけ難しい物かわかるかと思います。
ショートケーキを食べただけで、菓子パンをあんパンを食べただけで越えてくるのですから、
相当意識しないと抑えられない数値となっています。

では、日本人の1日に摂取する砂糖の量の平均を見てみると、69gと言われています。
参照:NATIONAL GEOGRAPHIC

これに照らし合わせると、オロナミンC1本飲んだところでまだまだ余裕があります。
おやつも食べても問題ないでしょう。

平均値ですので、一般的な摂取量と捉えた場合の話ですが。

スポンサーリンク

つわりでオロナミンCしか飲めない場合は?

つわりでオロナミンCしか飲めないという場合は、
例えば、毎日オロナミンCを2本飲んだとしても、
カフェイン的には何の問題もありませんし、砂糖の量も日本人の平均値から見ると
問題はありません。

仮に1日に3本飲んだとしても、それほど問題にはならないでしょう。

つわり時期はずっと続くわけではありませんので、
食べれるものを食べる、飲める物を飲むという食生活で問題ないでしょう。

砂糖を毎日過剰に摂取し続けるとどうなるの?

仮にオロナミンCを毎日2本飲んだとして、さらにおやつも食べるとなると、
砂糖の過剰摂取に繋がる可能性が高くなります。
ここに菓子パンなどを食べていた場合は、より砂糖を摂取してしまうことになります。

では、このような食生活を毎日続けていたとしたらどうなるのでしょうか?
肥満のリスクや糖尿病のリスクを高めることになり、
さらに心臓病や脳卒中のリスクも高めることになります。
参照:岐阜新聞web

ですので、オロナミンCの飲み過ぎに加えておやつも食べ過ぎている場合や、
毎日菓子パンを食べていたりすると砂糖の過剰摂取になる可能性は高くなるため、
そのような生活を送っている場合は、生活習慣を改善した方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
妊娠中であってもオロナミンCに含まれているカフェイン量は少ないので、
飲んでも問題ないことがわかりました。
しかし、砂糖が多く含まれているため、オロナミンCしか飲めないなどのつわり時期を
除いて、多量に摂取していると、さらにたくさんのおやつや菓子パンを食べていると、
肥満や糖尿病などのリスクを高めてしまいますので、
そういった場合は、砂糖摂取を意識した方が良いでしょう。

スポンサーリンク