デカビタCは健康に良さそうな飲み物ですが、
妊娠中に飲んでも良いのでしょうか?また、どのくらい飲んでも良いのでしょうか?
こちらでは妊娠中にデカビタCを飲んでも良いかについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中にデカビタCを飲んでも大丈夫?

デカビタC

妊娠中にデカビタCを飲んでも問題ありません。
ただし、デカビタにはたくさんの砂糖が含まれていますので、
飲み過ぎには注意してください。

なお、デカビタにはカフェインが100ml中5mg含まれており、
瓶タイプのデカビタだと1本で10.5mgのカフェインが含まれていることになります。

カフェインが含まれていますが、少量のため特に問題はありません。

世界保健機関(WHO)では妊娠中は1日に最大300mg/日と提唱しており、
英国食品基準庁(FSA)では200mg/日と定めています。
カナダ保健省(HC)では300mg/日となっております。
参照:厚生労働省

日本ではこのような制限は明確にはなされていませんが、
コーヒーや紅茶は1日に1~2杯までとする産婦人科医は多くおられます。

コーヒー2杯ということはおよそ180mgのカフェインとなりますので、
これに当てはめると、デカビタCのカフェイン10.5mgがたいしたことがないことがわかるかと思います。

スポンサーリンク

飲み過ぎは生活習慣病のリスクを高める

デカビタCにはたくさんの砂糖が含まれると話しましたが、
どれくらいの砂糖が含まれているのかというと、
デカビタ(210ml)中に28.35gもの砂糖が含まれています。

ここで、世界保健機関(WHO)が提言する1日の砂糖の量はというと、
25gまでと定めております。

これに当てはめると、デカビタCだけでWHOの推奨する砂糖の量を軽く超えてしまいます。
WHOの推奨する1日の砂糖25gまでというのが、どのくらいかというと、
ショートケーキ(100g)に砂糖がおよそ32g程度。
あんぱん(80g)に砂糖が26g程度。
大福(70g)に砂糖が12g程度。
シュークリーム(70g)に砂糖が9.2g程度。
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

あんぱんなど1日に1つ食べることは普通だと思います。
これだけでWHOの推奨する1日の砂糖の量を超えてしまいますので、
実践するのはかなり難しいことだとわかるかと思います。

では、日本人の1日の砂糖摂取量の平均を見てみると、69gと言われています。
参照:NATIONAL GEOGRAPHIC

これに当てはめると、デカビタ1本でおよそ28gですので、
まだ余裕がありますね。
といっても平均値ですので、一般的という意味です。

これに間食でお菓子などを食べたり、料理に使われている砂糖を含めると、
およそ69g程度になるのではないでしょうか。

ですので、デカビタCは1日に2本も飲むと砂糖の摂り過ぎになるかと思います。
また、デカビタCを1本飲んだ日は、少し間食を抑えるといった工夫をした方が良いかと思います。

砂糖の摂取のしすぎになると、肥満のリスクを高めますし、
妊娠中の糖尿病のリスクも高めてしまいます。

ですので、砂糖の摂取量には注意が必要です。

デカビタには、デカビタ0という0kcalのものが販売されています。
これだと砂糖が含まれていませんので、気軽に飲めるかと思います。

楽天でデカビタ0一覧を見てみる

まとめ

妊娠中にデカビタCを摂取しても構いませんが、
砂糖が多く含まれているので、摂りすぎには注意してください。

また、デカビタCを飲んだ日は間食も控えるようにした方が健康的です。
カフェインについては、デカビタCにはあまり含まれていませんので、
気にする必要はないでしょう。

スポンサーリンク