妊娠中は何かと気を遣う時期ですが、ポンジュースはどれくらいの量飲んでもいいのでしょうか?
こちらでは妊娠中のポンジュースについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中ポンジュースは飲んでもいいのか?

オレンジジュース

まず、妊娠中にポンジュースは飲んでもいいのか?について見ていきます。
ポンジュースの原材料を見てみると、
果汁(オレンジ、うんしゅうみかん)、香料
となっています。

オレンジや温州ミカンにカフェインは入っていませんので、
何の心配もなく飲むことができます。

どれくらいの量飲んでもいいの?

ポンジュースには糖類が100mlあたり10.3g含まれています。
この糖類は砂糖ではなく果汁から来る物なのですが、どのくらいの量飲んでもいいのでしょうか?

世界保健機関(WHO)によると、

成人及び児童の1日当たり遊離糖類摂取量を、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めている。また5%まで減らして、1日25g(ティースプーン6杯分)程度に抑えるなら、更に健康効果は増大する

引用:食品安全委員会

と言っており、健康の増大を図るのであれば、1日の遊離糖類を25g以下にするように言っています。
遊離糖類というのは砂糖をはじめ、ショ糖や果糖、果汁、蜂蜜、シロップなどのことを指します。

健康の増大を図るのであれば、1日に飲めるポンジュースはおよそ200ml程度となります。
ですが、おやつも食べると言う方はおやつに含まれる砂糖のことを考慮しなければいけません。
おやつに含まれる砂糖を一部ですが見ていくと、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

というように、プリンやアイスを食べただけで16gもの砂糖を摂取してしまうことになります。
それに加えポンジュースを飲むとあっという間に25g以下という数値を超えてしまいます。

では、WHOの推奨する量であるエネルギー総摂取量の10%未満にあわせると、
1日の遊離糖類は50g未満摂取できるようになります。

これであれば、ポンジュースも飲んでおやつも食べることができそうです。

例えば、プリンを食べて16gの砂糖を摂取したとして、
残りはポンジュースから摂取するとしたらポンジュースは300ml程度飲むことができます。

というように、おやつの量に合わせて、ポンジュースの量を調節していけば良いかと思います。
おやつの糖類の見方についてですが、成分表の所に炭水化物という項目がありますので、
炭水化物=糖類と思っていただいて構いません。
正式には炭水化物から食物繊維を除いた物になるのですが、書かれていないことがあるため、
炭水化物だけ見ておけば良いでしょう。

スポンサーリンク

つわり時期はどうなの?

つわり時期でポンジュースしか飲めないと言う場合、
つわり時期は妊娠初期に多くの妊婦さんが経験しますが、
この時期は胎児もまだ小さくママの栄養が胎児の成長に影響することはないそうです。
参照:はぐくみ

ですので、食べたい時に無理せず食べる、食べれる種類を探す、
飲みたいものを飲むという生活で問題はないようです。

糖類が過剰摂取になったとしても一過性のものなので、つわりが終われば調節していけば良いかと思います。

糖類の摂りすぎはどうなるの?

糖類を摂りすぎると、たまになら特に問題はないのですが
日常的に過剰摂取し続けていると、
ママの肥満のリスクや高血圧のリスク、糖尿病のリスクなど生活習慣病のリスクが増加します。

次に生まれてくる赤ちゃんについてですが、こちらは砂糖の摂り過ぎになるのですが、
呼吸ケアクリニック東京によれば、妊娠中に砂糖を過剰摂取していると
生まれてきた赤ちゃんのアトピーやアトピー性喘息のリスクの高さと関係していたというのです。
参照:呼吸ケアクリニック東京

というように、生まれてくる赤ちゃんにも影響が出る可能性がありますので、
砂糖の摂り過ぎには注意してください。

なお、菓子パンにも砂糖はたくさん含まれていますので、
日常的に摂取することは控えた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ポンジュースは妊娠中のどの時期にでも飲むことができますが、
糖類が含まれていますので、日常的に過剰摂取することは避けた方が良いでしょう。

1日に飲める量としては、おやつを食べなければ400ml程度は飲むことができますが、
おやつを食べるという場合は、おやつの種類や量にもよりますが、
おおむね100~200ml程度はポンジュースを飲めるかと思います。

スポンサーリンク