妊娠中は食べ物や飲み物など何かと気を遣う時期ですが、
ジャスミン茶は妊娠中に飲んでも良いのでしょうか?
また、飲めるとしてどのくらいの量飲んでも良いのでしょうか?
こちらでは妊娠中におけるジャスミン茶について紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中ジャスミン茶は飲んでもいいの?

ジャスミン茶

結論から言うと妊娠初期、つわり時期、妊娠中期、妊娠後期
どの時期でもジャスミン茶は飲んでも問題ありません。

では、なぜ問題がないのか見ていくと、
ジャスミン茶にはカフェインが含まれていますが、
妊娠中に摂取しても良いカフェイン量を見ていくと、

世界保健機関(WHO)によると1日に摂取しても良いカフェイン量は300mg/日(コーヒーをマグカップで約2杯)としています。
英国食品基準庁(FSA)では、1日あたりのカフェイン摂取量を200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するように求めています。
カナダ保健省(HC)では、1日のカフェイン摂取量を300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)に制限するようにいっています。
参照:厚生労働省

というようにコーヒーならマグカップ2杯程度ならOKとされています。
日本には海外のような基準は設けられていませんが、
産婦人科医曰くコーヒーなら1日1~2杯程度ならOKとしている医師は多いです。
参照:ママ、あのね。

このコーヒーがインスタントコーヒーなのかレギュラーコーヒーなのかわかりませんが、
コーヒーには1杯あたりおよそ60~90mgのカフェインが含まれています。
仮に90mgだとしたら1日に180mg程度ならカフェインを摂取しても良いことになります。
英国食品基準庁(FSA)の基準に近いですね。

ジャスミン茶に含まれるカフェイン量は100gあたり20mgのカフェインが含まれています。
ですので、相当の量飲まない限りジャスミン茶を飲んでも問題がないことがわかります。

どのくらいの量飲んでもいいの?

ジャスミン茶100gというのは100mlのことなので、
どのくらい飲んでもいいかについては、コーヒー2杯程度を元に計算すると
200mg程度のカフェインを摂取しても良いことになっているため、
ジャスミン茶で表すと1L程度は飲んで良いことになります。

しかし、カフェインは他から摂取することも考えられます。
カフェインが含まれている飲み物を挙げると、
コーヒーをはじめ、緑茶(煎茶)や烏龍茶、ほうじ茶、抹茶、紅茶、
コーラ、栄養ドリンク、ココア、チョコレートなどに含まれています。

ジャスミン茶を1日に1L飲む方もあまりいらっしゃらないかと思いますが、
500mlペットボトル1本程度なら全然問題ありません。

スポンサーリンク

カフェインを摂りすぎるとどうなるの?

カフェインを摂りすぎることによってママに起こる影響としては、
めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気などの症状が出る場合があります。
参照:厚生労働省

続いて胎児への影響についてですが堀産婦人科のサイトを見てみると、

流産、死産率については、カフェインの摂取量が1日150mg未満の妊婦に較べて300mg以上摂取する妊婦の流産のリスクが2倍に、コーヒー1日8杯以上で死産のリスクを高めるという報告があります。カフェインは胎盤を流れる血液の量を減少させますが、胎児発育との関連性のついては関連があるという報告と、ないという報告の両方があり、いまのところは結論がでていません。しかしカフェイン摂取と同時に喫煙をする習慣のある妊婦では明らかに胎児の発育の遅れがみられ、早産の傾向も認めます。

引用:堀産婦人科

というように、流産の確立が高くなることがわかっていまっす。
とはいえ、これは1日にカフェインを300mg摂取し続けた場合の話なので、
ジャスミン茶を毎日1.5L程度飲んだらの話になります。

500mlペットボトル1本程度ならなんの心配もないでしょう。

どうしてもカフェインが気になるという場合は?

どうしてもカフェインが気になるという場合はデカフェジャスミン茶というものが販売されています。
ジャスミン茶だけどカフェインが含まれていない物になります。

楽天でデカフェジャスミン茶一覧を見てみる

あるいは、ノンカフェインのお茶を飲むかになります。
例えば、麦茶やルイボスティー、爽健美茶、十六茶、デカフェほうじ茶、カフェインレス緑茶など。

量さえ守ればそこまでカフェインを気にする必要はないのですが、
念には念をという方は、このようなノンカフェインのお茶を飲むと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ジャスミン茶には100gあたり20mgのカフェインが含まれていますが、
英国食品基準庁に従えば1日に1Lは飲めます。
ただ他からのカフェイン摂取を考えると、1日に500ml程度で抑えておいた方が無難でしょう。

どうしてもカフェインが気になるのであれば様々なカフェイン入りの飲み物に
デカフェ、ノンカフェインというものが販売されていますので、
そちらを飲むと良いかと思います。

スポンサーリンク