授乳中は母乳を介して赤ちゃんに成分が移行することがあるので、
授乳期も妊娠中同様注意しなければいけない時期です。
では、授乳中にジンジャエールは飲んでも問題ないのでしょうか?
また、飲めるとしたら量はどれくらい摂取しても良いのでしょうか?
こちらでは授乳中におけるジンジャエールについて紹介致します。

スポンサーリンク

授乳中にジンジャエールは飲んでもいいの?

ジンジャエール

結論から言うと、ジンジャエールは飲んでも構いません。
ただし、量はほどほどにといったところです。
また、後述しますがゼロカロリーのものは摂取しないようにしてください。

では、なぜ飲んでも問題ないのかについてですが、
コーヒーなどのようにジンジャエールにはカフェインは含まれていません。
注意しなければいけないとすれば、砂糖の摂り過ぎに注意するくらいです。

炭酸自体は、どの時期においても制限などはないため、
気にしなくても大丈夫です。
なお、ジンジャエールは母乳を介してどうこうなるような飲み物ではありませんので、
赤ちゃんのことも心配する必要はありません。

どれくらいの量飲んでもいいの?

どれくらいの量飲んでも良いかを知るには、1日に砂糖をどれくらい摂取してもいいのか見ていく必要があります。

世界保健機関(WHO)によれば、

成人及び児童の1日当たり遊離糖類摂取量を、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めている。また5%まで減らして、1日25g(ティースプーン6杯分)程度に抑えるなら、更に健康効果は増大する

引用:食品安全委員会

と言っています。

ジンジャエール500ml中にどれくらいの砂糖が含まれているかというと、
メーカーによって異なりますが、おおまかに45g程度含まれています。

これだと、WHOの言う25g以下というのは軽く越えてきます。
エネルギー総摂取量の10%未満で見ていくと、砂糖は50g未満摂取しても良いことになるため、
こちらに当てはめると、500ml飲んでも問題ないことになるのですが、
飲料水だけで、これだけの砂糖を摂取してしまうと、
おやつ(間食)などでも砂糖は摂取するでしょうから摂りすぎに当たると考えます。

なお、一部ですがおやつなどにどのくらいの砂糖が含まれているのか見ていくと、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

このようになっています。
ケーキなどを食べると、かなりの砂糖を摂取してしまうことになりますね。
これに加えて清涼飲料を飲むわけですから、砂糖の過剰摂取になることがわかるかと思います。

では、どれくらいの量飲んでも良いのかというと、
3日などに1度のペースで間隔をあけて飲むのならば、
ペットボトル1本飲んでも構いません。
ですが、毎日ペットボトル1本となると砂糖の摂り過ぎになってしまいますので、
毎日飲みたいということであれば、1回に200ml飲む程度に抑えた方が良いでしょう。

砂糖を摂り過ぎるとどうなるの?

ジンジャエールをはじめ、清涼飲料には砂糖が多く含まれています。
それを毎日飲み続けた上で、おやつなどでも砂糖を摂取していたとしたら
砂糖の過剰摂取に当たってしまいます。

このような生活を続けていると、ママの肥満のリスクや糖尿病のリスクを高めてしまいますし、
心臓病のリスクも増加することがわかっています。
参照:アスゲン製薬株式会社

ですので、赤ちゃんには問題はないと言っても
ママの生活習慣病の原因、心臓病の原因になるため、
摂りすぎには注意してください。

スポンサーリンク

ゼロカロリーのジンジャエールはどうなの?

ジンジャエールに砂糖が含まれていないゼロカロリーのジンジャエールがあります。
ですが、これにはアセスルファムKやスクラロースなどといった人工甘味料が含まれています。

ここでくにちか内科クリニックを見てみると、
人工甘味料が母乳を介して赤ちゃんに移行して悪影響を及ぼすというのです。

どのような影響があるのかというと、マウス実験にはなるのですが、

子マウスの肝機能も影響を受け、血液中の毒素を分解する働きは衰え、腸内の細菌代謝物が劇的に変化した。腸内細菌の変化は2型糖尿病や肥満に類似し、インスリン分泌、炎症、腸内細菌の変化を引き起こす糖の影響が拡大し、脂肪の蓄積を促し、2型糖尿病を誘発することが認められた。

引用:くにちか内科クリニック

腸内環境が変化し様々な悪影響が出ていることがわかります。
また、砂糖を摂取していないのに肥満のリスクが増加していますし、糖尿病のリスクも増加しています。
ですので、授乳中だけとはいわず、人工甘味料は控えた方が良いかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ジンジャエールは授乳中でも飲んでも問題がないことがわかりました。
ですが、砂糖が多く含まれているため、飲むとしても3日に1度など間隔をあけて飲むか、
毎日飲みたいのであれば、1日に200ml程度など量を控えて飲む様にした方が良いです。

カロリーゼロのジンジャエールに関しては、
人工甘味料が母乳を介して赤ちゃんに移行し、悪影響が出るため
飲まないようにしましょう。

スポンサーリンク