妊娠中は食べ物や飲み物など何かと気を遣わないといけない時期です。
ジンジャエールは妊娠中に飲んでも良いものなのでしょうか?
また、飲めるとしたらどれくらいの量飲んでも良いのでしょうか?
こちらでは妊娠中におけるジンジャエールについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中ジンジャエールは飲んでもいいの?

ジンジャエール

結論から言うと妊娠中にジンジャエールは飲んでも構いません。
ですが、ほどほどにといったところです。
これは妊娠初期であっても中期であっても後期であっても飲んでも構いません。

ジンジャエールにはコーラなどと違いカフェインは含まれていません。
原料を見てみると、メーカーによって異なりますので、
こちらではサントリーのジンジャエールを見ると、

果糖ぶどう糖液糖(国内製造)/炭酸、酸味料、香料、リン酸塩(Na)、カラメル色素

引用:SUNTORY

となっており、この中で気になる原料といえば果糖ぶどう糖液糖くらいでしょう。
炭酸については、ガスによりお腹が少し膨れるかなくらいで、身体に害はありません。

果糖ぶどう糖液糖≒砂糖ですが、こちらは摂取しすぎると
様々な影響が出ます。

どのくらいの量飲んでもいいの?

ジンジャエールをどれくらい飲んで良いかについて知るには
1日にどの程度砂糖を摂取しても良いかについて見ていく必要があります。

世界保健機関(WHO)によれば、

成人及び児童の1日当たり遊離糖類摂取量を、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めている。また5%まで減らして、1日25g(ティースプーン6杯分)程度に抑えるなら、更に健康効果は増大する

引用:食品安全委員会

と言っています。

これに従うと、健康のためを考えるなら砂糖の量は1日25gまでということになります。

では、ジンジャエールにはどのくらいの砂糖が含まれているのかというと、
メーカーによって様々ですが、500ml中におおよそ45g含まれています。

ということは、ペットボトル1本飲むと余裕で25gを越えてきます。

では、エネルギー総摂取量の10%未満で見ていくと、
1日の砂糖摂取量は50g未満ということになります。

これだと、ペットボトル1本飲んでも50gを越えることはありません。
ですが、清涼飲料を飲まれる方はおそらくおやつも食べるでしょうから、
そのことを考えると1日500ml飲むのは多いと言えます。

ちなみに、一部ですがおやつにどれくらいの砂糖が含まれているのか見ていくと、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

例えば、プリンを食べてジンジャエールを500ml飲んだとしたら、
合わせて砂糖を61g摂取することになります。

というように、清涼飲料を飲む人はおやつを食べるとWHOの規定よりも
砂糖を多く摂取する可能性が高くなります。

おやつのことを考えると、
毎日飲むということはせずに、例えば3日に1度など間隔をあけて飲むか、
毎日飲みたいのであれば、1日に200mlだけ飲むというような工夫が必要でしょう。

なお、菓子パンにも砂糖はかなり含まれていますので、注意してください。

スポンサーリンク

砂糖を摂り過ぎるとどうなるの?

1週間に1度など単発的に砂糖を過剰摂取したとしても
特に問題はないのですが、毎日過剰摂取すると、
ママの肥満のリスクや糖尿病のリスクなど生活習慣病のリスクが高くなってしまいます。
また、アスゲン製薬会社によると、砂糖を過剰摂取し続けることで
ママの心臓病のリスクも増加してしまうといいます。
参照:アスゲン製薬株式会社

砂糖を摂り過ぎていると、上記のようなリスクが高まりますし、
検診で引っかかったりしますので、注意してください。

ゼロカロリージンジャエールはどうなの?

ウィルキンソンジンジャエール辛口など中には、砂糖を使用せずに
人工甘味料を入れてゼロキロカロリーにしているジンジャエールがあります。

これを毎日飲み続けるとどうなるのかというと、

人工甘味料入りのダイエット飲料や、砂糖の代わりに人工甘味料を加えたお茶やコーヒーなどを日常的に飲んでいた妊婦から生まれた子供は、1歳を迎えた時点で過体重(太り気味)になりやすい可能性が、カナダの母子2,700組を対象とした調査から示された。調査を実施した同国マニトバ大学の研究グループによると、人工甘味料入り飲料を毎日飲んでいた妊婦から生まれた子供は、全く飲んでいなかった妊婦から生まれた子供に比べて1歳を迎えた時点で過体重になるリスクが2倍に高まっていたという。

引用:MedicalTribune

というように、生まれてくる赤ちゃんの体重増加の可能性が高くなるようです。
ですので、人工甘味料は控えた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ジンジャエールは妊娠中に飲んでも構いませんが、
毎日500ml飲むのは砂糖の過剰摂取になる可能性が高いため、
3日に1度ジンジャエールを飲むなど間隔を開けるか、
毎日飲むのでしたら1日200mlなど飲む量を減らして飲むようにするなど工夫した方が良いでしょう。

スポンサーリンク