妊娠中は様々な飲食物に気を遣う時期ですよね?
特にカフェインを気にされる方は多いかと思います。
では、ほうじ茶ラテは妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?
また、飲めるとしてどれくらいの量飲んでも良いのでしょうか?
こちらでは妊娠中のほうじ茶ラテについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中ほうじ茶ラテは飲んでもいいの?



出典:SnapDish

結論から言うと、ほうじ茶ラテを飲んでも大丈夫です。
では、なぜ大丈夫なのかを見ていきましょう。

妊娠中に1日に摂取出来るカフェイン量を見ていくと、
世界保健機関(WHO)では妊婦はコーヒーの摂取量を1日3~4杯までにすべきと言っています。
英国食品基準庁(FSA)では1日当たりのカフェイン摂取量を200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するよう求めています。
カナダ保健省(HC)ではカフェインを1日に最大300mg(マグカップ2杯)までとしています。
参照:厚生労働省

日本にはこのような基準は設けられていませんが、
産婦人科医によるとコーヒーや紅茶は1日に1~2杯程度はOKと言う医師は多いです。
参照:ママ、あのね。

このコーヒーがレギュラーコーヒーとした場合、1杯につきおよそ90mgのカフェインが含まれていますので、
2杯なら180mgということになります。

ですので、1日に英国食品基準庁の言う200mgのカフェイン摂取で抑えた方が良さそうです。

そこで、ほうじ茶ラテにはどのくらいのカフェインが含まれているのか見ていくと、
メーカーによっても異なると思いますが、ドトールのほうじ茶ラテ(480ml)を見ると、
100ml当たりカフェインは約10mg含まれています。
参照:アサヒ飲料

ペットボトル1本が480mlなので、48mg含まれていることになります。
ちなみにほうじ茶のみの場合は、100ml当たり20mgのカフェインが含まれています。
これを500ml飲んだとしても100mgのカフェイン摂取ということになります。

ほうじ茶ラテを500ml飲んだとしても50mgのカフェイン摂取量なので、
特に妊娠中だからといって気にするほどのカフェインは含まれていないことがわかります。

ほうじ茶ラテには砂糖も含まれている

ほうじ茶ラテには500mlとして考えても50mgのカフェインしか入っていませんので、
カフェイン的には1日に2Lのほうじ茶ラテを飲むことができるのですが、
ほうじ茶ラテには砂糖が含まれています。

こちらも手作りのほうじ茶ラテなのか?市販のほうじ茶ラテなのかによって
砂糖含有量が変わってくるかと思いますが、
カロリーSlismというサイトを見てみると、
100ml当たりに砂糖は4.22含まれています。
参照:カロリーSlism

これを500ml飲んだと仮定した場合、砂糖摂取量は21.1g摂取することになります。

なお、世界保健機関(WHO)では1日の砂糖摂取量は25g以下が望ましいと言っています。
これに照らし合わせるとほうじ茶ラテだけでWHOの言う量の大半を占めることになります。
おそらく間食(おやつ)も食べるでしょうから飲み物だけで21gもの砂糖を摂取すると摂りすぎに当たるかと思います。

ただ、WHOの言う25gという数値は、かなり意識しないと出来ない数値なのです。
おやつに含まれる砂糖の量を一部ですが見ていきましょう。
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
コーラ(500ml)に砂糖56g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

日常生活においてあんぱんんを1つ食べることはさほど珍しいことではないと思いますが、
あんぱんを1つ食べるだけでWHOの言う25gを越えてしまうのです。

ですので、25g以下に抑えるというのは相当難しいことがわかるかと思います。

では、日本人の1日の砂糖摂取量の平均を見てみると、69gと言われています。
参照:NATIONAL GEOGRAPHIC

これに照らし合わせると、ほうじ茶ラテをペットボトル1本飲んだとしても
まだまだ余裕があります。間食もほどほどになら食べても問題なさそうです。

ですが、ほうじ茶ラテをペットボトル2本を1日に飲むのは
1週間に1度など単発的なら問題はないのですが、
毎日となると摂りすぎに当たります。

スポンサーリンク

砂糖を摂り過ぎるとどうなるの?

砂糖を摂取しすぎるとどうなるのかについてですが、
肥満のリスクや糖尿病のリスクを高めてしまいます。
いわゆる生活習慣病のリスクが高まるわけです。

また、心筋梗塞などの心臓病のリスクも高めてしまいます。

ですので、砂糖の摂り過ぎは注意した方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
妊娠中は1日のカフェイン摂取量は200mg程度までなら問題がないので、
ほうじ茶ラテをペットボトル1本飲んだとしても特に問題にはなりません。

ただし、ほうじ茶ラテには砂糖が含まれていますので、
毎日ほうじ茶ラテを1L程度飲むというのは砂糖の摂り過ぎに当たる可能性が高いため、
飲んだとしても1日に1本程度に抑えるようにしましょう。

ただし、つわりの時期などでほうじ茶ラテしか飲めないという場合は、
1日に1L飲んでも間食などができないわけですから、
砂糖の摂り過ぎにはならない
かと思います。

スポンサーリンク