コーヒーゼリーはツルっとした食感で美味しいですよね。
でも、妊娠中はカフェインが気になるところ。コーヒーゼリーは妊娠中に食べても良いのでしょうか?
こちらでは妊娠中のコーヒーゼリーについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中コーヒーゼリーは食べてもいいの?

コーヒーゼリー

妊娠中にコーヒーゼリーは食べても問題ありません。
原料もコーヒーにゼラチン(もしくは寒天)にクリープや生クリームとなっており、
この中で妊娠中に摂取してはいけないものはありません。

ただ、コーヒーに含まれているカフェインには注意が必要ですが、
食べ過ぎなければ問題となることはないでしょう。

妊娠中チョコレートはちょっと待って!ポリフェノールに注意が必要?

妊娠中のカフェインはどのくらい摂取してもいいの?

妊娠中にどれくらいのカフェインを摂取していいのか見てみると、
世界保健機関(WHO)によると1日に摂取しても良いカフェイン量は300mg/日(コーヒーをマグカップで約2杯)としています。
英国食品基準庁(FSA)では、1日あたりのカフェイン摂取量を200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するように求めています。
カナダ保健省(HC)では、1日のカフェイン摂取量を300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)に制限するようにいっています。
参照:厚生労働省

と、海外ではカフェイン許容量が決まっています。
日本にはカフェイン摂取許容量が決まっていませんが、
産婦人科医はコーヒーなら1~2杯程度はOKとしている医師も多くおられます。
参照:ママ、あのね。

このコーヒーの種類が何かはわかりませんが、
コーヒーのカフェインは1杯あたり60~100mg程度ありますので、
それが2杯ということは200mg程度まではOKと思ってもらって良いでしょう。

コーヒーゼリーはどれくらい食べても良いの?

上記のことを踏まえてコーヒーゼリーを1日にどのくらい摂取しても良いか見てみましょう。
コーヒーゼリーに含まれるカフェイン量は種類やサイズによって異なるところではありますが、
カフェインストラクターのカフェイン講座を見てみると、
1つあたり52mg。100gあたり40mgとなっています。
参照:カフェインストラクターのカフェイン講座

カフェインだけで考えると、1日に200mgまで摂取しても良いため、
コーヒーゼリーは3個程度食べても良いことになります。
量に換算すると500mgのコーヒーゼリーが食べれます。

しかし、コーヒーゼリーには糖類が含まれており、
カロリーも気になるところです。

妊娠中1日に摂取しても良いおやつのカロリーは厚生労働省の食事バランスガイドによると200kcal以下が良いとされています。
コーヒーゼリーのカロリーを見てみると、100gあたり39kcal程度になります。
参照:カロリーSlism

これを踏まえると、コーヒーゼリーは500gまでは摂取しても良いことになります。
ただし、これはゼリー部分のみのカロリーなので、ここに生クリームなどを加えると
カロリーは増加するため、おやつとして食べる量としては、食べたとしても300~400kcal程度が良いでしょう。

この計算はジュースなどを飲まない場合の計算になっていますので、
ジュースを飲むと言う場合は、コーヒーゼリーは100~200g程度でとどめておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

カフェインが気になるという場合は?

カフェインが気になると言う場合は、手作りでカフェインレスのコーヒーゼリーが作れます。
デカフェというものが販売されており、これはノンカフェインのコーヒーになります。
そこに砂糖とゼラチンを混ぜて作ると、ノンカフェインコーヒーゼリーが作れます。

カフェインが気になる場合は、試してみてください。

楽天でデカフェ一覧を見てみる

まとめ

コーヒーゼリーはカフェインやカロリーのことを踏まえて、
妊娠中は1日に300~400g程度は食べても問題ありません。
これが毎日続いたとしても、上記は1日の摂取量ですので、
毎日食べても問題ありません。

つわり時期でコーヒーゼリーしか食べられないと言う場合は、
カフェインが1日200mg以下に収まるように摂取すれば良いでしょう。

カフェインが気になると言う場合は、デカフェというノンカフェインのコーヒーが販売されていますので、
そちらでコーヒーゼリーを作ればカフェインの心配をする必要はなくなります。

子供が生まれるというのは人生の節目!保険を見直すべき理由とは?

スポンサーリンク