アース製薬から出ているゴキジェットプロ(緑)はゴキブリ専用の駆除剤で、
個人的には非常に強力なイメージを持っていますが、
妊婦が使用しても問題ないのでしょうか?また、吸い込んでしまった場合
胎児に影響はあるのでしょうか?こちらではゴキジェットプロと妊婦について紹介致します。

スポンサーリンク

ゴキジェットプロは妊婦が使用してもいいの?

妊婦

ゴキジェットプロ(緑)の主成分はピレスロイド系の成分で、
この成分がゴキブリなどの虫の体内に入ると神経が麻痺して死に至ります。

ですが、人間および温血動物はピレスロイド系の成分を分解する酵素を持っているため、
体内に入ってもすぐに分解無毒化されて排出されますので
何の影響もありません。
参照:KINCHO

ですので、妊娠中にゴキジェットプロを使用しても問題ありません。
ただし、直接人に向けたりしないようにしてください。
また、使用後は十分に換気するようにしてください。

吸ってしまったらどうなる?胎児への影響は?

上記にも書きましたが、吸ってしまっても分解無毒化されて排出されますので、
基本的には問題ありません。
また、胎児にもほとんど影響はありません。

国立環境研究所によると蚊取り線香を使用すると生後一ヶ月までの身長推定平均値が約0.1cm小さくなると言っていますが、これは毎日使用舌場合のデータですので、
ゴキジェットの場合毎日使用するわけではなく、自分自身に向けて使用するわけでもないため、あまり気にしなくても良いレベルです。
参照:国立環境研究所

たまにピレスロイド系の成分に敏感な人もいる

たまにピレスロイド系の成分に敏感な人がいて、
その場合、吸い込んだりすると舌がピリピリしたり、喉がイガイガしたり痛くなったり、
息苦しく感じたり、くしゃみが出たりといったような症状が出ることがあります。
しかし、これらの症状は一時的なもので、時間が経つと治まりますので、
症状が出たからと言って心配する必要はありません。
※ピレスロイドについてKINCHOに問い合わせて聞きました。

スポンサーリンク

ピレスロイド系の成分が気になる場合は?

どうしてもピレスロイド系の成分が気になる場合は、ゴキジェットをはじめ
キンチョールやゴキブリムエンダー、蚊がいなくなるスプレー、蚊取り線香など
ピレスロイド系の成分が出るものは使用しない方が良いでしょう。

では、どのようにしてゴキブリ対策を行なうのかというと、
ブラックキャップやコンバットなどの容器に毒餌が入っている設置型の駆除剤で対応することをお勧めします。

ブラックキャップなどの設置タイプの駆除剤は有効成分が空気中を飛散するということはありませんので、安心して使用出来るかと思います。

楽天でブラックキャップ一覧を見てみる

まとめ

ゴキジェットプロは妊娠中であっても使用することができ、
万が一霧を吸ってしまっても、すぐに分解無毒化されて排出されますので、
問題はありませんし、胎児にもほとんど影響はありません。

ただし、ピレスロイド系の成分に敏感な人の場合は、
吸ってしまったら、咳が出る、舌がピリピリするなどの症状が出る可能性があります。
が、これは一時的なもので時間が経つと治まりますので、心配する必要はありません。

どうしてもピレスロイド系の成分が気になると言う場合は、
上記で紹介したような設置型の駆除剤を使用すると安心かと思います。

スポンサーリンク