妊娠中にりんごジュースにはまってしまう方など多いようですが、
1日にリンゴジュースはどのくらいの量飲んでも良いのでしょうか?
こちらでは妊娠中のリンゴジュースについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中りんごジュースはどのくらいの量飲んでもいいの?

リンゴジュース

まず、りんごジュースと言っても果汁100%のリンゴジュースや
なっちゃんのように果汁100%未満のりんごジュースがあると思いますが、
それらをひっくるめて説明していきます。

りんごジュースにはカフェインは含まれていませんので安心してください。

1日にどれくらいの量飲んでいいかについては、
世界保健機関(WHO)を見てみると、

成人及び児童の1日当たり遊離糖類摂取量を、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めている。また5%まで減らして、1日25g(ティースプーン6杯分)程度に抑えるなら、更に健康効果は増大する

引用:食品安全委員会

と言っています。
健康の増大を図るのであれば、遊離糖類を25g以下にすべきなのですが、
この量は相当意識しないと出来ない量なので、こちらではエネルギー総摂取量の10%未満という数値を元に考えていきます。
なお、エネルギー総摂取量の10%未満という数値は遊離糖類およそ50g未満程度になります。

遊離糖類というのは砂糖をはじめショ糖、果糖、ぶどう糖、果汁、シロップ、蜂蜜などのことを指します。

妊娠中は遊離糖類を50g未満摂取しても良いということなので、
果汁100%リンゴジュースの糖類を見てみましょう。

リンゴジュースの種類によって異なるところはありますが、リンゴジュース100ml中におよそ11gの糖類が含まれています。
参照:fatsecret

ということはりんごジュースだけで遊離糖類を摂取したとすると、
例えばつわり時期でりんごジュースしか飲めないなどの場合ですね。

その場合、およそ400mlのリンゴジュースを飲むことができます。
しかし、つわり時期は食べれるものを食べる飲める物を飲むというスタンスでOKなので、
量のことはさほど気にしなくても良いかと思います。

他のものも食べれるし、飲めると言う場合は、
おやつなども食べる方も多いと思います。
おやつに含まれている砂糖の量を一部ですが見てみると、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

プリンやアイスを食べただけで16gもの砂糖を摂取することになります。
ここにりんごジュースをもってくると、りんごジュースは300ml程度は飲める計算になります。

これがもしケーキやコンビニで販売されているスイーツ(洋菓子系)を食べたのであれば、
りんごジュースは100ml程度しか飲むことができません。

つまり、おやつなどから摂取する糖類の量に合わせてりんごジュースを飲む量を調節していかなければなりません。

スポンサーリンク

糖類の過剰摂取はどうなるの?

たまに過剰摂取になったとしても特に問題はないのですが、
日常的に過剰摂取を続けていると、ママの肥満のリスクや高血圧のリスク、糖尿病のリスクなど生活習慣病のリスクが増大します。

次に生まれてくる赤ちゃんについてですが、こちらは糖の摂り過ぎが原因となるようですが、
呼吸ケアクリニック東京を見てみると、

縦断的な親子研究では、幼児期の糖摂取量とは無関係に、妊娠中の母体の遊離糖摂取量は子供が7〜9歳に達した時点での、アトピーとアトピー性喘息のリスクの高さと関係していた。

引用:呼吸ケアクリニック東京

生まれてくる赤ちゃんにも影響が出る可能性がありますので注意が必要です。

ちなみに菓子パンにも多量の砂糖が含まれていますので、日常的に食べるということは控えた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
妊娠中にりんごジュースを飲む方は多いと思いますが、
過剰に摂取すると肥満などの原因となってしまいますので、
摂取する量には気をつけましょう。

1日に飲める量としては、りんごジュースからだけ遊離糖類を摂取するのであれば、
1日に400ml程度は飲めるのですが、おやつを食べると言う場合は
おやつの量に合わせてりんごジュースを飲む量を調節してください。

 

スポンサーリンク