授乳期で母乳育児をされている方は、カフェイン摂取などに気をつけなければいけません。
では、授乳中にリアルゴールドX・Yは飲んでも良いのでしょうか?
また、飲めるとして量はどのくらい飲んで良いか?タイミングはいつがいいのか?
などについて紹介致します。

スポンサーリンク

授乳中リアルゴールドX・Yは飲んでもいいの?

リアルゴールドXY

結論から言うと、飲んでも構いませんが
一気に飲んだり、多量に飲むようなことは避けた方が良いでしょう。
ただし、zoneエナジードリンクには妊娠中、授乳中の方は飲用を控えるように注意書きがされているため、
リアルゴールドXYについても同じように注意書きが書かれています。
となると飲めないということになるのですが、それだと話が続かないので、
もっと掘り下げて説明していきます。

 

リアルゴールドXとYの違いについてですが、多少の原材料の違いはありますが、
100mlあたりに含まれるカフェインはどちらも30mg含まれています。
参照:prtimes

XとYの違いは他にもあり、Xの方は250ml缶、350ml缶、500ml缶がある一方で
Yは500ml缶しかありません。

仮に500ml飲んだとしたら150mgのカフェインを摂取することになります。

では、授乳中どのくらいのカフェインを摂取しても良いかというと、
授乳中であってもコーヒーを1~2杯程度なら飲んで良いという医師は多いです。
カナダ保健省(HC)では授乳期の女性に対して1日にカフェイン300mgまでという基準を設けています。
参照:EPARKくすりの窓口

また、欧州食品安全機関(EFSA)では授乳中の1日のカフェイン量を200mgとしています。
参照:産婦人科オンラインジャーナル

ですので、授乳中は完全にカフェインを絶たないといけないということではありません。

EFSAによると、200mgまでカフェインを摂取してもいいということなので、
リアルゴールドXYの500ml缶は1本飲めるということになります。

しかし、授乳前などに飲むと赤ちゃんが興奮したり、寝付きが悪くなることがあります。
赤ちゃんは代謝機能が未熟なので、カフェイン代謝に約80時間かかると言われています。
参照:産婦人科オンラインジャーナル

また、元東京福祉大教授である栗原久氏によると、

「子どもが大量に摂取すると不安や、頭痛、疲労感といった離脱症状が生じるリスクが高まる」。脳を刺激し、眠気防止などには有用だが、「子どもの脳の発育を邪魔する可能性がある」と指摘する。

「特に知性や理性をつかさどる前頭前野に影響を与える」と栗原さん。3歳までは摂取を控えるべきだという。4~6歳は1日25ミリグラム以下、7~12歳の学童期は50ミリグラム以下にするよう勧めている。

引用:東京すくすく

さらに、母乳に移行するカフェイン量は1%未満と言われているため、
仮にリアルゴールドXYの500ml缶を1本飲んだとしたら150mgのカフェインを摂取することになり、
その1%が母乳を介して赤ちゃんに移行することになります。
単純に計算してみると、150mgの1%なので、1.5mg未満のカフェインが赤ちゃんに移行することになります。
参照:EPARKくすりの窓口

これがどう影響するのかはわかりませんが、栗原氏の提言によれば、
脳の発育に影響するとのことなので、500ml缶1本は飲まない方が良いでしょう。
付け加えて言うと、毎日飲むということは控えた方が良さそうです。

スポンサーリンク

どのくらいの量摂取してもいいの?

500ml缶1本飲むと赤ちゃんに影響が出る可能性があります。
というのも、リアルゴールドXY500ml缶に含まれるカフェインは約コーヒー2杯分にあたり、
それを一気に飲むということになるため、影響が出る可能性は増加すると言えます。

ですので、仮にリアルゴールドYを飲みたいのであれば、1本一気に飲まずに
例えば、半分の量だけ飲むといったように工夫するべきです。

リアルゴールドXについては250ml缶があるため、そちらを飲むと良いかと思います。
250ml缶1本に含まれるカフェイン量は75mgになるため、
これだとコーヒー1杯分に相当しますので、医師がいうコーヒーなら1~2杯という提言を守ることができます。
一気にコーヒーを2杯ということではないので、赤ちゃんに影響するということも少ないと考えられます。

ですので、飲むとしたら250ml程度で抑えておくべきかと思います。

飲むタイミングはいつがいいの?

飲むタイミングとしては、授乳前ではなく授乳後が良いです。
というのも、
一般的にカフェインは15~30分で母乳中のカフェイン濃度がピークに達し
その後、2時間後から半分以下に濃度は下がると言われているからです。
参照:産婦人科オンラインジャーナル

赤ちゃんにもよりますが、授乳の間隔は3~4時間程度ですので、
授乳後すぐに飲めば次の授乳までにはカフェイン濃度は半分以下になっているからです。

ですので、飲むとしたら授乳後すぐが良いでしょう。

カフェインの摂りすぎはどうなるの?

カフェインを摂りすぎるとどうなるかについてですが、
授乳中のママがリアルゴールドXYの500ml缶を1本飲んだとしてもママに影響はでないでしょう。
というのも、成人の1日のカフェイン摂取量は400mgまでとされているからです。
参照:厚生労働省

ですが、授乳前に飲むとカフェイン濃度は10~15分でピークに達し、
さらにカフェイン1%未満が母乳を介して赤ちゃんに移行するため、
仮に500mlを一気飲みすると、赤ちゃんが興奮したり寝付きが悪くなる可能性が出てきます。

500ml缶1本を毎日授乳前に飲んでいると、栗原氏の提言で言うと、
脳の発育に影響が出る可能性が高まってしまいます。

ですので、授乳中は妊娠中よりもカフェイン摂取に気を遣わなければいけません。

スポンサーリンク

カフェインはエナジードリンク以外にも含まれている

カフェインはエナジードリンク以外にも含まれています。
コーヒーをはじめ、緑茶、ほうじ茶、抹茶、烏龍茶、栄養ドリンク、市販の風邪薬、コーラ、ココア、チョコレートなどです。

リアルゴールドXYなどエナジードリンクを飲んだ日は他からのカフェイン摂取に注意しなければいけません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
リアルゴールドXYにはお子様、妊娠中、授乳中、カフェインに敏感な方の飲用はお控えくださいと書かれていますが、
飲めるか飲めないかの判断は個人に委ねられますが、
少なくとも、500mlを一気飲みするのはおすすめできません。

飲むとしたら、授乳後すぐに250ml以下摂取でしたら、
コーヒー1杯程度のカフェイン量と変わりはありませんので、
特に心配する必要はないと考えます。

スポンサーリンク