妊娠中は何かと気を遣う時期です。
レモンスカッシュは妊娠中に飲んでもいいのでしょうか?
また飲めるとしたらどれくらいの量飲んでもいいのでしょうか?
こちらでは妊娠中のレモンスカッシュについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中レモンスカッシュは飲んでもいいの?妊娠初期やつわり時期は?

https://twitter.com/8910Rider/status/1513408414747340803

結論からいうと妊娠初期、つわり時期、中期、後期どの時期であっても
レモンスカッシュは飲んでも構いません。
ですが、砂糖が含まれていますので飲み過ぎには注意といったところです。

原材料を見てみると、

糖類(果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、砂糖)、レモン果汁、レモンパルプ/炭酸、香料、ビタミンC、ヘスペリジン

引用:不二家

となっています。
なおヘスペリジンというのはポリフェノールの一種でビタミンPとも呼ばれている成分です。

成分を見ると、この中にカフェインのように妊娠中に気をつけなければいけない成分は含まれていません。
ですので、レモンスカッシュは飲んでも問題ないのです。

どのくらいの量飲んでもいいの?

レモンスカッシュに含まれている砂糖の量は350ml缶1本あたり約35.1gになります。
参照:不二家

世界保健機関(WHO)がを見てみると、

成人及び児童の1日当たり遊離糖類摂取量を、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めている。また5%まで減らして、1日25g(ティースプーン6杯分)程度に抑えるなら、更に健康効果は増大する

引用:食品安全委員会

と言っています。健康の増大を図るのであれば、
1日の糖類の量は25g以下にすべきと言っていますので、
これに照らし合わせると、レモンスカッシュ1本飲んでしまうと糖類の摂りすぎになってしまいます。

続いて、WHOの言うエネルギー総摂取量の10%未満というものに当てはめると、
1日の糖類の摂取は50g未満まで摂取しても良いということになります。

これに当てはめれば、1日にレモンスカッシュを1本飲んでも問題ないように見えますが、
おやつなどを食べる場合、簡単に50g未満という数値を超えてしまいます。
おやつに含まれる砂糖の量を一部ですが見てみると、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

となっています。
プリンやアイスを1つ食べただけで16gもの砂糖を摂取してしまうことになるため、
ここにレモンスカッシュを1本飲んでしまうと砂糖の摂り過ぎになってしまいます。

ですので、レモンスカッシュを毎日飲むのであれば、1日200ml程度でとどめておいた方が良いでしょう。

間隔をあけるなら3日に1本や1週間に1本など飲んでも問題ありません。

なお、つわり時期でレモンスカッシュしか飲めないという場合は、
毎日飲めるだけ飲んでも問題ないかと思います。
というのも、つわりはずっと続く物ではありませんので、
つわりが終わったら通常の食生活に戻せば良いのです。

スポンサーリンク

砂糖を摂り過ぎるとどうなるの?

たまに砂糖を過剰摂取したとしても特に問題にはならないのですが、
日常的に砂糖を過剰摂取していると、
ママの肥満のリスクや高血圧のリスク、糖尿病のリスクなど生活習慣病のリスクが増加します。

それだけでなくママの心臓病のリスクも増加するようです。
参照:アスゲン製薬株式会社

ママだけならともかく、生まれてくる赤ちゃんにも影響がでる可能性があります。
呼吸ケアクリニック東京によれば、妊娠中に砂糖を過剰摂取していると
生まれてきた赤ちゃんのアトピーやアトピー性喘息のリスクの高さと関係していたというのです。
参照:呼吸ケアクリニック東京

なお、菓子パンにもたくさんの砂糖が含まれていますので毎日食べるというのは控えた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
レモンスカッシュは妊娠中のどの時期にでも飲んでも構いませんが、
砂糖が結構含まれていますので、
毎日飲むのであれば1日200ml程度で抑えて飲むか、
間隔をあけるのであれば、3日に1本や1週間に1本飲んでも問題はないでしょう。

スポンサーリンク