授乳中にデカビタCなどのように栄養補給できそうなものを摂取したくなるときがあるかと思います。
そもそもデカビタCが好きって方もおられると思いますが、
授乳期にデカビタCは飲んでも大丈夫なのでしょうか?
こちらでは授乳期とデカビタCについて紹介致します。

スポンサーリンク

授乳中にデカビタCは飲んでもいいの?

デカビタC

結論から言うと授乳中にデカビタCを飲んでも問題ありませんが、
飲み過ぎには注意してください。

デカビタCにはカフェインが100ml中に5mg含まれています。
瓶の物ですと(210ml)10.5mgのカフェインを摂取することになります。

授乳中に摂取しても良いカフェインの量を見ていくと、
世界保健機関(WHO)ですと300mg/日
欧州食品安全機関(EFSA)ですと200mg/日
カナダ保健省(HC)ですと300mg/日
と定められています。
なお、日本では厚生労働省による授乳中の1日当たりのカフェイン摂取許容量は定められていません。
参照:産婦人科オンラインジャーナル

日本の産婦人科医の多くは1日にコーヒー1~2杯程度なら飲んでも大丈夫としています。
参照:EPARK くすりの窓口

コーヒー1~2杯というのは、カフェインがおよそ180mg程度のことを指しますので、
その程度なら飲んでも問題がないということは、
デカビタC1本飲んだくらいで母乳を介して赤ちゃんに何か影響があるかというと、
ほぼほぼないでしょう。

デカビタCに含まれているカフェインの量はその程度のものです。

飲むタイミングはあるの?

とはいえ、カフェインが含まれているため、
飲むタイミングというのも必要になってくるかと思います。

授乳前に飲むとカフェインが母乳に移行するのが15~30分でピークに達して、
2時間後から半分以下になります。

ですので、飲むタイミングとしては授乳前よりも授乳後に飲んだ方が良いでしょう。

デカビタCのカフェイン量ならばママが寝る前に摂取しても
特に問題はないかと思いますので、気をつけるとしたら授乳後に飲むことくらいです。

スポンサーリンク

飲み過ぎるとどうなるの?

デカビタCは飲み過ぎるとカフェイン的に見れば、
全然余裕があるため、飲み過ぎたとしても問題はないのですが、
問題となるのは砂糖の量です。

デカビタC(210ml)1本中に砂糖は28.35g含まれています。
世界保健機関(WHO)によれば、1日に摂取する砂糖の量は25gまでとしています。
これに当てはめると、デカビタCを1本飲むだけでWHOの推奨する量を超えてしまいます。
他に間食(おやつ)なども摂るでしょうから、もっと砂糖の摂取量は多くなることでしょう。

砂糖を摂り過ぎると、ママの肥満のリスクを高めたり、
糖尿病のリスクを高めることになります。
いわゆる生活習慣病のリスクを高めてしまうと言うことです。

しかし、WHOの推奨する25gというのが、どれくらいのものか見ていくと、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
コーラ(500ml)に砂糖56g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

これを元に1日25gまでという数値を考えると、
あんぱんを食べただけで越えてしまうと言うことになります。
これは相当意識していないと実現できない量だということがわかります。

なお、日本人の1日の砂糖摂取量の平均を見てみると69gとされています。
参照:NATIONAL GEOGRAPHIC

この量は平均の値なので、一般的な量と捉えることができます。
この量に当てはめると、デカビタCを1本飲んだとしても
まだ余裕があるので、特に問題がないと言うことが言えますね。

ただし、飲み物だけで砂糖をたくさん摂取すると
おやつや料理でも砂糖を摂取するため、
取り過ぎになる恐れがありますので、飲み物からの砂糖の摂取はほどほどにしておいた方が良いでしょう。

ですので、デカビタCは飲んでも1日1本まで。
砂糖を意識するのであれば、1日に半分、あるいは3日に1本などのように工夫するとよいかもしれません。

デカビタCにはカロリー0のものがある

デカビタCにはカロリー0というものがあり、
商品名は「デカビタCゼロ」というものになります。

カロリーが0なので、当然砂糖は含まれていません。

デカビタC0は500mlのペットボトルとなっており、
カフェインは瓶タイプのものよりも多く、
100ml中に10mg含まれています。

つまり1本飲むとカフェイン50mg摂取することになります。
といっても、珈琲1~2杯程度は大丈夫なので、
問題はないのですが、念のため飲むなら授乳後に飲むようにしましょう。

楽天でデカビタ0一覧を見てみる

まとめ

いかがでしたでしょうか?
デカビタCはカフェインがそれほど含まれていませんので、
母乳を介して赤ちゃんに何か影響が出るということは考えにくいため、
気にする必要はないでしょう。

しかし、砂糖がたくさん含まれているため飲み過ぎると
砂糖の過剰摂取に当たり、ママの肥満のリスクや糖尿病のリスクを高めてしまいますので、
飲んだとしても1日1本程度にとどめた方が良いでしょう。

砂糖が気になるようでしたらデカビタCゼロという砂糖の入っていない商品もありますので、
そちらを飲むと良いかと思います。

スポンサーリンク