授乳期は大変な時期ですので、ドデカミンのような栄養が摂れそうな飲み物も
飲みたくなると思います。
ですが、授乳期にドデカミンは飲んでも良いのでしょうか?
こちらでは、授乳中におけるドデカミンについて紹介致します。

スポンサーリンク

授乳中にドデカミンは飲んでも大丈夫?

ドデカミン

結論から言うとドデカミンもドデカミンBIGもドデカミンストロングも
飲んでも構いません。

ですが、ドデカミンにはカフェインが含まれていますので、
飲むなら授乳前ではなく授乳後に飲んだ方が良いでしょう。

では、授乳中に1日にどれくらいのカフェインを摂取して良いのか見ていきましょう。
カナダ保健省(HC)では、授乳中にカフェインを最大300mg/日と定めています。
欧州食品安全機関(EFSA)では200mg/日
世界保健機関(WHO)では300mg/日と定めています。
参照:産婦人科オンラインジャーナル

日本ではこのような摂取許容量を定めておりませんので、
これを目安に考えていく必要があります。
カフェイン200mgや300mgという量は、だいたいコーヒー2~3杯分に相当します。

この程度なら授乳中にカフェインを摂取しても大丈夫ですよということなので、
次にドデカミンのカフェイン量を見ていくと、
ドデカミン100mlあたりカフェインが10mg未満と公式で発表されています。
この10mg未満というのが仮に9mgだとして計算すると、
ドデカミン(500ml)ではカフェイン45mg。
ドデカミンBIG(600ml)ではカフェイン54mgとなります。

ドデカミンストロング(300ml)は100ml中カフェインが約20mg含まれていると
公式で発表されているため、1本飲むと60mgのカフェインを摂取するということになります。

コーヒー2~3杯程度のカフェインが大丈夫なので、
ドデカミンのカフェインはストロングであっても問題がないということがわかります。

なぜ授乳後に摂取した方が良いのか?

なぜ授乳後にドデカミンを摂取した方が良いのかについては、
ドデカミンにはカフェインが含まれており、
カフェインは母乳を介して赤ちゃんへと移行するからです。
カフェイン摂取後、母乳中のカフェイン濃度は15~30分でピークに達し、
2時間後から半分以下になります。
参照:産婦人科オンラインジャーナル

ドデカミン程度のカフェインなら大丈夫だと思いますが、
カフェインを過剰に摂取した状態で母乳を与えると、
赤ちゃんが興奮したり、寝付きが悪くなることがあります。
赤ちゃんは代謝機能が未熟なので、カフェイン代謝に約80時間かかると言われています。
参照:産婦人科オンラインジャーナル

ですので、授乳前に摂取するのではなく、
授乳後に摂取した方が母乳を介してカフェインが赤ちゃんに移行することを
防ぐことが出来ます。

また、授乳後に摂取するにしてもママが寝る前に摂取するのは
カフェインの影響である寝付きが悪くなる、睡眠の質を下げることに該当するため、
ママが寝る前にカフェインを摂取するというのも控えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

ドデカミンの飲み過ぎはどうなる?

ドデカミンの飲み過ぎ、1日に2本などを摂取した場合どうなるか?
というと、カフェインの量的には特に問題はありませんが、
ドデカミンには砂糖が含まれています。
ドデカミン(500ml)1本当たり21g、
ドデカミンBIG(600ml)1本当たり28gの砂糖が含まれています。
参照:のみもの屋

ドデカミンストロングについては書いてありませんでしたので、
正確な量はわかりませんが、300mlなので、約14gの砂糖が入っていると思われます。

世界保健機関(WHO)では1日の砂糖摂取量は25gまでに抑えるべきとしています。
WHOの言う25gを当てはめると、ドデカミン1本で1日の砂糖摂取量くらいを摂取してしまうことになります。2本なら相当な量になります。

ただし、WHOの言う25gという量がどの程度の量か見ていくと、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
コーラ(500ml)に砂糖56g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキ:ャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

あんぱん1つ食べただけで、25gを越えてしまいます。
ですので、相当意識しないと25gまでに抑えることは不可能です。

では、日本人の1日の砂糖摂取量の平均を見ると、69gと言われています。
参照:NATIONAL GEOGRAPHIC

平均ですので、一般的と言い換えても問題ないでしょう。
69gまで摂取することができると考えると、
ドデカミンを1本飲んでも、まだ間食(おやつ)が少しは食べることができます。

ですが、飲み物だけで砂糖を多量に摂取してしまうと、
軽く平均値を超えてしまいますので、
そうなると、肥満のリスク、糖尿病のリスクといった
生活習慣病のリスクを高めてしまいますので、注意はした方が良いです。

ドデカミンを1本飲んだ日は間食(おやつ)を控えめにするなど工夫した方が
健康には良いでしょう。

あるいは、毎日ドデカミンを飲まず
3日に1本など調節することで、砂糖の摂取量を抑えることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
授乳中にドデカミンを飲んでも特に問題がないことがわかりました。
ですが、カフェインが少なからず含まれていますので、
授乳前ではなく授乳後に飲むようにした方が良いでしょう。

また、注意しなければいけないのはドデカミンにはたくさんの砂糖が含まれていると言うことです。
1日2本などたくさん摂取すると、日本人の砂糖摂取量の平均以上に砂糖を摂取することに
なってしまいますので、生活習慣病のリスクは高くなります。
ですので、1日に飲んでも1本にとどめるか、
できれば1日に半分の量にしたり、3日に1本飲むなど工夫していった方が
健康には良いです。

スポンサーリンク