授乳期は、とても大変な時期だと思います。
そんな時にレッドブル(エナジードリンク)を飲んで元気を出そう
と思うかたも少なくないはず。
でも、授乳期にレッドブルは飲んでも良いのでしょうか?
また、赤ちゃんへの影響はないのでしょうか?
こちらでは、授乳中にレッドブルを飲んでもいいのか?について紹介致します。

スポンサーリンク

レッドブルは授乳中に飲んでもいいの?

レッドブル

結論からいうと、授乳中にもレッドブルは飲んでも大丈夫です。
ただし、レッドブルにはカフェインが含まれていますので、
飲むタイミングによっては赤ちゃんが興奮したり眠れなくなるなどの
影響が出る可能性があります。

飲んでも良いというのが、なぜ良いのか?について説明すると、
カナダ保健省では、授乳期の女性に対して1日にカフェイン300mgまでという基準を設定しています。
参照:EPARK くすりの窓口

なお、WHO(世界保健機関)では授乳中のカフェイン摂取量は1日に300mgまで、
欧州食品安全機関(EFSA)ではカフェイン200mg/日と設定されています。
日本にはこのような基準がないため、書くことは出来ませんが、
産婦人科オンラインジャーナルでは、1日にコーヒー2杯程度、紅茶なら4杯程度、
緑茶なら6杯程度と目安を設けています。
この量はカフェイン200mg程度の量になります。
参照:産婦人科オンラインジャーナル

レッドブル1本(250ml)にはカフェインが80mg含まれています。
上記の目安を当てはめると、80mgは許容範囲となります。
なおレッドブル1本中のカフェイン量は、インスタントコーヒー1杯程度のカフェイン量と同じくらいになります。

飲むタイミングが大切

飲むタイミングとしては、授乳前に飲んでしまうと、母乳にカフェインが移行してしまいますので、
上記で書いたように赤ちゃんに影響が出る可能性があります。
飲むタイミングは授乳後が良いでしょう。

母乳中のカフェイン濃度のピークは摂取後15~30分。2時間後から半分以下になるため、
授乳後にカフェイン(レッドブル)を摂取した方が良いのです。
参照:産婦人科オンラインジャーナル

スポンサーリンク

どれくらいの量飲んでもいいの?毎日でも大丈夫?

では、どれくらいの量飲んでもいいか?についてですが、
カフェインだけを見ると、1日に200mg程度のカフェインを摂取しても問題ないので、
レッドブルに換算すると2本は飲めるという計算になります。

ですが、レッドブルには砂糖がたくさん含まれているので、
砂糖の摂取量に注意が必要になってきます。

WHO(世界保健機関)は砂糖の摂取量を1日に25gまでと推奨しております。
レッドブル1本(250ml)には砂糖が27g含まれていますので、
WHOの推奨する量をレッドブルだけでオーバーしてしまうことになります。

ただ、この1日に25gまでという数値は、我々の普段の生活で実践していこうと思うと、
相当気をつけなければいけない量になります。
参考として
ショートケーキ(100g)中に含まれる砂糖の量はおよそ32g、
あんぱん(80g)中に含まれる砂糖の量はおよそ26g。

普段食べている食品にもたくさんの砂糖が使用されていますので、
25gまでで砂糖を抑えるのがどれだけ難しいかわかるかと思います。

では、日本人が摂取している1日の砂糖の量の平均はというと、
69gと言われています。
参照:NATIONAL GEOGRAPHIC

これに当てはめると、1日にレッドブル1本飲むのは、まあ一般の方と同じくらい
砂糖を摂取しているとみて良いでしょう。

健康のことを気にするのであれば、
レッドブルは毎日飲むのではなく、3日に1本にするなどの工夫をした方が
健康のためではあります。

飲み過ぎるとどうなるの?

飲み過ぎるとどうなるかについてですが、
まず摂取するタイミングが授乳前だったとして考えてみると、
例えばレッドブル2本を授乳前に一気に摂取したとすると、
それだけでカフェイン160mg摂取することになります。
あるいは、授乳前に1本ずつ、計2本摂取するにしてもですが、
これが母乳に移行するのですが、赤ちゃんは肝臓の代謝機能が低いため、
分解するのに時間がかかってしまいます。

赤ちゃんにとってどういう影響があるかというと、
落ち着きがなくなったり、眠れなくなったり、脳の発育に影響がでる可能性もあります。

次に、砂糖の観点から見てみると、
レッドブルを飲み過ぎると当然ですが、砂糖の摂り過ぎになってしまい、
母体が太る可能性や糖尿病になる可能性を高めてしまいます。

ですので、飲み過ぎには注意してください。

飲んでも1日1本。できれば3日に1本など飲む量を減らした方が健康には良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
レッドブルは1日1本程度なら飲んでも問題ありませんが、
授乳前に飲むのは控えた方が良いことがわかりました。
飲むなら授乳後にして、できれば次の授乳の時に最初の母乳は捨てて、
途中からの母乳を与えた方が、カフェインの関係上良いでしょう。

また、健康を気にされるのであれば、1日1本ではなく
3日に1本などのように飲む回数を減らした方が健康的です。

とはいえ、我慢しているとそれがストレスになるという可能性もありますので、
一切飲まないということはせずに、ほどほどに楽しむ程度に飲むと良いかと思います。

スポンサーリンク