妊娠中は何かと気を遣わなければいけない時期ですが、
火鍋は食べても良いのでしょうか?辛いものを食べた場合の胎児への影響が気になります。
こちらでは妊娠中の火鍋について紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中火鍋は食べても良いの?

火鍋

火鍋は本来唐辛子と山椒をたっぷり使用しており、ものすごく辛いものです。
激辛のものは妊娠中は控えた方が良いでしょう。

火鍋でもあまり辛くないものがありますが、
あまり辛くないものでしたら食べても特に影響はありません。

なぜ激辛のものは食べない方が良いのか?

妊娠中は辛いものを控えるように言われたりしますが、
その理由は、胃腸の働きが弱くなったり、抹消血管に作用してうっ血、充血、
痔になる可能性があるからです。
参照:母子健康手帳アプリ

これは辛さが増せば増すほど作用してしまうため、
激辛の火鍋は避けた方が良いです。

また、胃腸にダメージを受けてしまい、
下痢や胸焼けのリスクを高めてしまいます。

妊娠中に痔になると治療法はあるものの使える薬が限られてしまいますので、
妊娠中の激辛は避けた方が良いでしょう。

また、ひどい下痢になると子宮が収縮しますので、
流産などのリスクを高めてしまいます。

そういった意味でも、妊娠中の激辛は避けた方が良いです。

辛いものに強い場合はどうなの?

辛いものに強い場合で、激辛火鍋を美味しく食べれたとしても
強い香辛料は痔になる可能性を高めてしまいますので、
妊娠中は避けた方が良いです。

辛いものを食べると赤ちゃんに影響あるの?

ひどい下痢をした場合、その下痢により子宮が収縮されて
赤ちゃんに影響があることがありますが、
それくらいで、辛いものを食べたからといって赤ちゃんに影響することはありません。

とはいえ、痔になるリスクは高まりますので、妊娠中にしんどい思いをする可能性があるため、激辛のものは控えましょう。

どれくらいの辛さなら大丈夫なのか?

これは人によって異なるところではありますが、
香辛料だらけでなければ、基本的には食べても構いません。

辛さとしてはほどよい辛さ(ピリ辛程度)でしたら
問題はありませんが、辛いものに強い場合は、一般的に激辛であっても
ほどよい辛さになってしまうため、一般的にすごく辛いと言われるものは避けた方が良いです。

辛いものに弱い人は1回であってもやめた方が良い

辛いものに弱い人は激辛のものを1回食べただけでも激しい下痢に襲われることがあります。
激しい下痢は脱水症の心配と子宮収縮して流産などのリスクが高くなりますので、
激辛のものを食べることはやめた方が良いです。

辛いものに強い方でも何回も食べると痔のリスクが高まってしまいますので、
上記にも書きましたが、使える薬が限られるため、激辛料理はなるべく控えた方が良いです。

まとめ

火鍋には激辛のものとあまり辛くないものがありますが、
激辛の火鍋は妊娠中は控えた方が良いです。

辛いものに強い場合であっても、痔になるリスクが高まりますので
妊娠中は控えた方が良いでしょう。

ピリ辛程度の一般的にほどよい辛さの火鍋の場合は、
下痢になったり痔になるリスクはあまりありませんので、
ピリ辛程度の火鍋なら頻繁でなければ食べても問題ありません。

頻繁に鍋を食べると塩分の摂り過ぎになる可能性があるため気をつけてください。

子供が生まれるというのは人生の節目!保険を見直すべき理由とは?

スポンサーリンク