KINCHOから出ているゴキブリムエンダーは燻煙タイプではないので、
簡単に使用することができます。有効成分を噴射して少し時間をおくと部屋の隅々まで行き届き、
ゴキブリを駆除してくれるのですが、猫には影響はないのでしょうか?
こちらではゴキブリムエンダーと猫について紹介致します。

スポンサーリンク

ゴキブリムエンダーは猫に影響あるの?子猫や老猫は?

猫

ゴキブリムエンダーの主成分はピレスロイド系の成分で、
この成分がゴキブリなどの虫の体内に入ると神経が麻痺して死に至ります。

原理としては、部屋を閉め切った状態で使用してから30分経過すると
部屋の隅々まで成分が行き届き、ゴキブリを駆除してくれます。

猫に影響があるのかについてですが、
人間や猫などの温血動物はピレスロイド系の成分を分解する酵素を持っているため、
体内に入ったとしても分解無毒化され、排出されますので、特に問題はありません。
これが子猫であったとしても年老いた猫であったとしても酵素は持っているので、問題ありません。

ただし、直接かからないようにだけ注意してください。

使用するときに猫は部屋にいてもいいの?

説明書きには、使用する人以外は部屋から出るように書いてますので、
使用する前に猫は部屋の外に出しましょう。
使用後30分経過したら空中に飛散していた成分も落ち着きますので、
部屋に戻してあげると良いでしょう。
心配な方は部屋に入れる前に部屋を換気してから入れてあげるとよいでしょう。

使用後床など舐めてもいいのか?毛繕いさせてもいいの?

使用後は、床などに成分が付着している状態になります。
そこを猫が歩いたり寝転がったりすると猫に成分が多少付着すると思いますが、
その状態で毛繕いをさせると心配かと思います。

ですが、ちょっと舐めた程度では分解酵素を持っているので、体内に入っても分解されて排出されますので、
問題はありません。

問題があるとしたらスプレーが猫に直接かかると皮膚炎などを起こす可能性はあります。
ですので、直接かからないようにだけ注意してください。

ピレスロイド系の成分に敏感な仔もいる

人間の話になりますが、時々ピレスロイド系の成分に敏感な人がいます。
症状としては、舌や肌がピリピリしたり、喉がイガイガするようですが、
これは時間が経つと治まりますので、特に心配はいりません。KINCHOに聞きました。

おそらく猫も敏感な仔はいると思いますので、
使用前には必ず部屋の外に出して、30分経過したら一度部屋を換気してから
部屋に入れてあげると良いでしょう。

スポンサーリンク

極稀にアレルギー反応が出る

こちらも人間の話ですが、極稀にピレスロイド系の成分にアレルギー反応が出る人がいるそうです。
症状としては皮膚が痒くなったり、じんましんが出たり下痢をしたり、
ひどくなると呼吸困難、失禁、アナフィラキシー症状が出るようです。
参照:藤沢薬業協会
参照:e-life

これが猫にも当てはまるかわかりませんが、
もしアレルギー様の症状が出る場合は、使用を中止してください。
症状がひどいようならゴキブリムエンダーを持って動物病院で診てもらった方が良いでしょう。

といっても、人間の場合もアレルギー症状が出るのは非常にレアなケースなようで、
KINCHOに問い合わせてもそういう問い合わせは来たことがないと言っていました。
ですので、こちらに関しては特に心配する必要はないでしょう。

ピレスロイド系の成分がどうしても気になる場合

ピレスロイド系の成分がどうしても気になる場合、
ゴキブリムエンダーをはじめ、キンチョールやゴキジェット、バルサンなど使用しない方が良いかもしれません。

となると、ピレスロイド系以外でゴキブリ対策をしないといけませんので、
置くだけでゴキブリが駆除できるような商品で対策を行なったり、
ゴキブリホイホイなどのように、ゴキブリを捕獲するもので対策しないといけません。

一応お勧めとして紹介だけしておきます。
ゴキちゃんストップという商品なんですが、プロ業者用ゴキブリ駆除薬を使用しているため、
ゴキブリに効果的に効きます。

ゴキちゃんストップを見てみる

ピレスロイド系の成分がどうしても気になると言う場合は、試してみてください。
ただし、この商品に関しては猫が食べないように猫が触れられないところに設置してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ゴキブリムエンダーの主成分はピレスロイド系の成分で、
これは虫に対して効果を発揮するのですが、人間や猫などの温血動物にはほぼ無害ですので、
直接かからないようにだけ注意すれば、使用に問題はありません。

ただし、時々ピレスロイド系の成分に敏感な仔もいると思いますので、
使用後30分経過したら、一度部屋を換気してから猫を部屋に入れると良いかと思います。

床に付いている成分を猫が舐めた程度では分解酵素を持っているので、
分解無毒化されて排出されますので、こちらも問題ないでしょう。

スポンサーリンク