妊娠中は食べ物や飲み物など何かと注意しなければならない時期ですが、
ヨーグリーナは飲んでも良いのでしょうか?
また、飲めるとしたらどのくらいの量飲んでも良いのでしょうか?
こちらでは妊娠中のヨーグリーナについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中ヨーグリーナを飲んでもいいの?

ヨーグリーナ

結論から言うと妊娠中にヨーグリーナを飲んでも構いません。
原材料を見てみると

ナチュラルミネラルウォーター、糖類(高果糖液糖(国内製造)、砂糖)、乳清発酵液(乳成分を含む)、食塩、はちみつ、ミントエキス/酸味料、香料、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)

引用:SUNTORY

このようになっており、
この中にカフェインのように妊娠中に注意しなければいけない成分は含まれていません。
ただし、糖類(砂糖)が多く含まれていますので、
飲む量には注意が必要です。

どのくらいの量飲んでもいいの?

どれくらいの量飲んでも良いか知るには、1日にどのくらいの砂糖を摂取しても良いかを見ていく必要があります。
世界保健機関(WHO)では、

成人及び児童の1日当たり遊離糖類摂取量を、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めている。また5%まで減らして、1日25g(ティースプーン6杯分)程度に抑えるなら、更に健康効果は増大する

引用:食品安全委員会

と述べています。
健康を推進するなら、1日の砂糖の量は25gまでに抑えた方が良いと言っているので、
これを元にヨーグリーナをどのくらい飲んでもいいか見てみると、
ヨーグリーナをペットボトル1本(540ml)飲むと砂糖を33.55g摂取することになります。

健康を推進する量は25gまでなので、これでは砂糖の摂り過ぎになってしまいます。
では、エネルギー総摂取量の10%未満にあてはめると、
おおよそですが、1日に砂糖を49g程度は摂取できることになります。

これだと、ヨーグリーナ1本飲んでもまだ15.45g程度余裕があります。
しかし、清涼飲料を飲む人はたいていおやつなどの間食もするかと思います。

そこで、おやつなどに含まれる砂糖の量を一部ですが見てみると、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

プリンやアイスを食べて清涼飲料を飲むというのは日常的にあり得る話です。
仮にプリンを食べてヨーグリーナも1本飲むと、
砂糖(糖類)は合計49.55g摂取することになり、この場合オーバーしてしまうことになります。

ここで、日本人の1日の砂糖摂取量の平均を見てみると、69gと言われています。
参照:NATIONAL GEOGRAPHIC

これだと、おやつを少し食べてヨーグリーナを飲んでもまだ余裕があります。
とはいえ、おやつの量が増えれば砂糖摂取量も増えるので、
ヨーグリーナを1日1本飲むというのは避けた方が良いと考えます。

ですので、毎日飲む方であれば、1日に1本の半分である270ml程度で抑えておいた方が良いでしょう。
1日おきで考えると、ヨーグリーナは1本飲んでも日本人の平均値ですので、
まあ問題ないと考えます。

ヨーグリーナは砂糖が多く含まれているといっても、
33g程度ですので、カルピスウォーターやコーラなどよりも清涼飲料水としては
少ない方だと思います。
ちなみに、カルピスウォーター(500ml)1本には砂糖が55g程度含まれています。

砂糖を摂り過ぎるとどうなるの?

1週間に1度など間隔を開けて摂りすぎた場合は、
特に問題はないのですが、毎日砂糖を過剰に摂取していると
ママの肥満の原因、糖尿病の原因など生活習慣病のリスクが高くなります。

さらに、ママの心臓病のリスクも高くなります。

ですので、清涼飲料を毎日飲むというのは控えた方が良いでしょう。
清涼飲料を飲んだ日はおやつを減らすなど心がけた方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
妊娠中にヨーグリーナを飲んでも構いませんが、
毎日1本飲むのは砂糖の摂り過ぎになる可能性が高まりますので、
せいぜい2~3日に1本など間隔をあけて飲んだ方が良いでしょう。

ヨーグリーナなど清涼飲料を飲んだ日はおやつを減らすように心がけましょう。

スポンサーリンク