天橋立

京都北部にある天橋立は日本三景の一つで全長3.6kmの砂浜で出来た珍しい地形です。
そんな天橋立に京都駅からはどのようにして行ったら良いのでしょうか?
こちらでは京都駅から天橋立までの行き方を紹介致します。

スポンサーリンク

電車での行き方は?

天橋立

早く行きたいのであれば、京都駅から特急はしだてという特急電車が出ています。
特急はしだては31番ホームより出ており、料金は片道3880円程度で
時間は2時間ちょっとで到着します。

天橋立行きの場合は、乗り換えなしで行けますが、時間帯によっては宮津行の電車もありますので、
その場合は、宮津より京都丹後鉄道宮舞・宮豊線の普通電車に乗り換えて天橋立へと向かいます。

特急はしだて時刻表はこちら

 

時間はかかりますが、特急に乗らずに行く方法もあります。
こちらは時間はかかりますが、料金は抑えられます。

京都駅よりJR山陰本線を使い園部駅までは快速がありますので、快速に乗り園部駅まで向かいます。
そこから、福知山行に乗り換えて綾部駅まで行きます。
そこから舞鶴線で西舞鶴まで向かいます。そこで京都丹後鉄道宮舞線の大江山号に乗り宮津まで行きます。
そこで、京都丹後鉄道宮舞・宮豊線の普通電車に乗って天橋立で下車します。
なお、京都丹後鉄道の企画乗車券を購入すると若干お得になります。

京都丹後鉄道企画乗車券を見てみる

時間は、快速などを利用すると、3時間ちょっとかかり、料金は片道2300円ほどになります。

詳しくはこちら

天橋立駅から天橋立への行き方

天橋立駅から天橋立入り口というのでしょうか?へは徒歩で7分程度で到着します。

天橋立を歩いて渡ろうと思うと、1時間程度(籠神社まで)。レンタサイクルもありますので、それを利用すると楽だと思います。
また、船で行くことも可能です。

バスでの行き方は?

JR京都駅から天橋立行きのバスが出ています。
高速バス予約サイト

上記で紹介したバスでは、運賃は片道2900円、時間はおよそ2時間かかります。
発車時間は8:55分、12:40分、18:00分の3本となっております。
予約制なので、早めの予約が良いでしょう。

乗り場は、京都駅出てすぐのところにある、バス停C2のりばから発車します。

京都駅天橋立行きバス停

画像引用:https://www.amanohashidate.jp/bus/noriba/

帰りは、天橋立ホテルの隣にバス停がありますので、そちらから乗ると良いでしょう。

天橋立から京都駅バス停

画像引用:https://www.amanohashidate.jp/bus/noriba/

天橋立⇒京都駅の本数は3便。7:18分発、12:58分発、17:05分発となっております。

完全予約制なのであらかじめ予約しておきましょう。

高速バス予約サイト

スポンサーリンク

タクシーの場合は?

タクシーで行く人もいないでしょうけど一応紹介だけしておきます。
京都駅から天橋立ホテルまでのタクシー料金は、およそ37410円(有料道路料金は含みません)。時間は約1時間44分程度かかります。

こんなにかかるのでしたら、高速バスか電車で行った方がはるかに安いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
高速バスを利用すれば、値段は一番安く時間も特急電車とさほど変わらない
ということがわかりました。ですので、高速バスがお勧めと言えるでしょう。

ただし、予約制なのと1日3本しかでていないため、時間が合わない場合は、
特急はしだてを利用して行くのが値段は少々かかりますが、乗り換えがほぼないので良いかと思います。
安く行きたいのであれば、特急には乗らず、乗り換えをしながら普通電車(快速も)で移動するという方法もありでしょう。

スポンサーリンク