妊娠中は何かと気にしなければいけない時期ですが、
妊婦さんがアースジェットを使用しても良いのでしょうか?まった霧を吸ってしまったらどうなるのでしょうか?
こちらでは妊娠中のアースジェットについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中アースジェットを使用しても良いの?

妊婦

アースジェットの主成分はピレスロイド系の成分で
この成分が虫の体内に入ると神経が麻痺して死に至ります。

人間はというと、ピレスロイド系の成分を分解する酵素を持っているため、
体内に入ったとしても分解無毒化されて排出されます。
参照:KINCHO

それは妊娠中でも変わりはなく体内に入っても分解無毒化されて排出されます。
ですので、基本的に妊娠中にアースジェットを使用しても問題ありません。
ただし、薬剤を直接吸い込まないようにと注意書きがあります。
参照:アース製薬

また、噴射後は室内を十分に換気してください。

アースジェットを吸ってしまったらどうなるの?

アースジェットを噴射したときに、空気中を薬剤が漂いますので、
吸ってしまうことがあります。
ですが、先ほども言ったように主成分であるピレスロイド系の成分は
分解無毒化されて排出されますので問題ありません。

では、胎児に影響があるのかといえば、少量なら影響はありません。

ただし、多量に吸ってしまった場合(ここでの多量は直接噴射を吸うなどした場合)で、
且つ1日などではなく頻繁に吸ってしまったりすると、
マウス実験においては、ピレスロイド系の成分は異なりますが、
脳の血管が短かったり、微小血管の枝が増えたりと異常が見られたとありますので、
故意に吸って、それを何日も繰り返すなどすると胎児に影響が出る場合があります。
参照:国立環境研究所環境リスク研究センター

といっても、通常の使い方ではそのようなことは起こりませんので、
安心してお使いください。

ピレスロイド系の成分に敏感な人もいる

ピレスロイド系の成分に敏感な場合、
薬剤を吸い込んだ場合に、舌や口の中がピリピリする、
喉がイガイガしたり痛くなる、くしゃみが出る、息がしづらくなるなどの症状が出る場合があります。
ですが、この症状は一時的なもので時間が経てば治まりますので、
特に心配する必要はありません。
※KINCHOにピレスロイドについて問い合わせをしました

スポンサーリンク

ピレスロイド系の成分が気になる場合は?

どうしてもピレスロイド系の成分が気になると言う場合は、
虫をUVライトで誘引して熱やにおいで駆除する商品があります。
蚊やハエ、蛾などは光に誘引されますので、これらの虫については効果が期待できます。

 

ゴキブリに関しては、ブラックキャップやコンバットなどのような設置型毒餌タイプの商品ですと、
ピレスロイド系の成分のように薬剤を吸うということはありませんので、
薬剤が気になると言う場合でも安心して使用することができます。

ここで、お勧めの商品として業務用の設置型ゴキブリ駆除剤というものがあります。
誘引力はもちろんのこと即効性もありますし、巣ごと駆除できるためお勧めです。

ゴキちゃんグッバイを見てみる

まとめ

アースジェットの主成分はピレスロイド系の成分のため、
妊娠中であっても使用することができます。
また、薬剤を多少吸い込んだところで母体も胎児も特に影響はありませんので、
心配する必要はありません。

ただし、ピレスロイド系の成分に敏感な方の場合は、
一時的に症状が出る場合があります。
しばらく経っても症状が改善されない場合はかかりつけの医師に診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク