KINCHOから出ているゴキブリムエンダーは室内で使用し、隅々まで成分を行き届かせて
ゴキブリを駆除するというスプレーですが、インコには影響はないのでしょうか?
こちらでは、ゴキブリムエンダーとインコについて紹介致します。

スポンサーリンク

ゴキブリムエンダーはインコに影響はあるの?

インコ

ゴキブリムエンダーの主成分はピレスロイド系の成分で、
この成分はゴキブリなどの虫の体内に入ると神経を麻痺させて死に至らせることができるのですが、

人間やインコなどの温血動物はピレスロイド系の成分を分解する酵素を持っており、
体内に入ったとしても分解し無毒化し、排出されますのでインコを飼っている家庭でも使用することができます。
参照:KINCHO

ただし、インコに直接かからないように注意してください。

噴射するときに、部屋にインコは置いておいていいのか?

ゴキブリムエンダーを使うとき、お部屋にインコのカゴごと置いておいても
おそらく大丈夫だとは思いますが、注意事項を見ると
噴射する人以外は部屋の外に出るように書いてありますので、
噴射するときは、インコとカゴを部屋の外に出しておいて、
30分程度したら、元に戻してあげると良いでしょう。

ゴキブリムエンダーは蚊がいなくなるスプレーと違い、時間が経っても空中を漂うということがないため、使用後30分程度で、部屋に入れて問題ありません。

ピレスロイド系に敏感な仔もいる

人間の話になりますが、ピレスロイド系の成分に敏感に反応する人がおり、
その場合、肌や舌などがピリピリしたりします。
これは、時間が経つと治まります。
インコの場合もおそらく敏感に反応するインコもいると思いますので、
噴射するときは、部屋から出しておいて、30分程度したら元に戻すようにしてください。
それでも、いつも違う仕草や動作が見られる場合は、窓を開けて換気を行なうとよいでしょう。

スポンサーリンク

アレルギー反応が出る場合も

こちらも人間の話ですが、極稀にピレスロイド系の成分にアレルギー反応が出る人がいます。
例えば、目が痒くなったり、じんましんが出たり、下痢をするなど。

その場合は、完全にピレスロイド系の成分とあっていませんので、
使用を中止してください。

インコの場合はどうかわかりませんが、いつもと違う様子が見られた場合、
特に苦しそうにしていたり重篤な場合は、すぐにゴキブリムエンダーを持って、
動物病院で診てもらうようにした方が良いでしょう。

ピレスロイド系の成分が気になる場合は?

ピレスロイド系の成分がどうしても気になる場合、
ゴキブリムエンダーをはじめ、キンチョールやゴキジェット、バルサンなど使用しない方が良いかもしれません。

となると、ピレスロイド系以外でゴキブリ対策をしないといけませんので、
置くだけでゴキブリが駆除できるような商品で対策を行なったり、
ゴキブリホイホイなどのように、ゴキブリを捕獲するもので対策しないといけません。

一応お勧めとして紹介だけしておきます。
ゴキちゃんストップという商品なんですが、プロ業者用ゴキブリ駆除薬を使用しているため、
ゴキブリに効果的に効きます。

ゴキちゃんストップを見てみる

ピレスロイド系の成分がどうしても気になると言う場合は、試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ゴキブリムエンダーの主成分はピレスロイド系の成分で、
これは蚊取り線香や蚊がいなくなるスプレーなどと同じような成分となっています。
ゴキブリムエンダーのFAQでも、ペットがいる部屋で使用しても良いと書いてありますし、
KINCHOの記事にも温血動物は分解する酵素を持っているため、
インコに直接かからなければ、ほぼ問題はないでしょう。

ただし、使用するときは、インコ(カゴごと)を部屋から出して
使用し30分程度したら元に戻してあげると良いでしょう。

スポンサーリンク