妊娠中は食べ物や飲み物など何かと気を遣わなければいけない時期ですよね。
CCレモンは妊娠中に飲んでも良いものなのでしょうか?
また、飲めるとしたらどのくらいの量飲んでもいいのでしょうか?
こちらでは妊娠中のCCレモンについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中にCCレモンは飲んでもいいの?

https://twitter.com/ababmoo/status/1504447092693286915

結論から言うと、妊娠初期でも妊娠中期でも妊娠後期でも
どの時期でも飲んで構いません。

ですが、量はほどほどにと言ったところです。

では、なぜ飲んでもいいのか見ていきましょう。
まず原材料を見てみると、

糖類(果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、砂糖)、レモン果汁/炭酸、香料、ビタミンC、酸味料、ベニバナ色素、パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、カロチン色素

引用:SUNTORY

この中に妊婦が摂取してはいけない成分は入っていません。
また、カフェインも含まれていないため飲んでも問題はないのです。

ただし糖類が多量に含まれていますので、
ほどほどに飲むようにということなのです。

どれくらいの量飲んでもいいの?

世界保健機関(WHO)はこのように述べています。

成人及び児童の1日当たり遊離糖類摂取量を、エネルギー総摂取量の10%未満に減らすよう勧めている。また5%まで減らして、1日25g(ティースプーン6杯分)程度に抑えるなら、更に健康効果は増大する

引用:食品安全委員会

健康効果の増大を目指すなら、1日に摂取しても良い砂糖は25g以下となります。
ここでCCレモンに含まれている砂糖を見ていくと500ml中に43.2g含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

これだと、500mlのペットボトルを1本飲むと砂糖の摂取しすぎになります。

エネルギー総摂取量の10%未満でいくと砂糖は1日50g未満摂取できるので、
これでCCレモンはペットボトル1本飲めるということになるのですが、
おやつなど間食をすることを考えると、CCレモンだけで43.2gも摂取してしまうのは、
砂糖の摂り過ぎに当たるかと思います。

なお、おやつにどれくらいの砂糖が含まれているのか一部ですが見ていくと、
ショートケーキ(100g)に砂糖32g程度
あんぱん(80g)に砂糖26g程度
大福(70g)に砂糖12g程度
シュークリーム(70g)に砂糖9.2g程度
プリン1個に砂糖16g程度
アイスキャンディー1本に砂糖16g程度
含まれています。
参照:いずみ中央歯科医院

このようになっています。
洋菓子に多く砂糖が使用されている感じですね。
プリンやアイスキャンディーにも16g含まれているので、
CCレモンを飲んだ上でおやつも食べると砂糖の過剰摂取になってしまいます。

ですので、CCレモンは毎日ペットボトル1本飲むものではないということになります。
もし毎日飲みたいのであれば、ペットボトル1本飲むのではなく
半分にしたり200mlだけ飲むというような工夫が必要でしょう。

毎日飲まないのだとしたら3日や1週間など間隔をあけて1本飲んでしまうという方法でも構わないでしょう。

ただし、つわり時期でCCレモンしか受け付けないということであれば、
砂糖のことは気にせず飲んでも良いかと思います。
つわりはずっと続く物ではないので。

なお、日本人の1日の砂糖摂取量の平均は69gと言われています。
参照:NATIONAL GEOGRAPHIC

平均摂取量まで許容するのであれば、もう少しCCレモンを飲む機会は増えるかもしれません。ですが、WHOの推奨を守るのであれば、上記で書いたような飲み方をすべきかと思います。

スポンサーリンク

砂糖を摂りすぎるとどうなるの?

砂糖を1週間に1度など過剰に摂取したとしても特に問題はないのですが、
毎日過剰に摂取していたら、ママの肥満のリスクや糖尿病のリスクなど生活習慣病のリスクが増加するだけでなく、
ママの心臓病のリスクも増加してしまいます。
参照:アスゲン製薬株式会社

特に清涼飲料を飲む方はおやつも摂取してしまい砂糖の過剰摂取が
続く場合がありますので、清涼飲料は注意した方が良いでしょう。

また、菓子パンにもたくさんの砂糖が使用されていますので、
できれば、菓子パンは避けたいところです。

ゼロカロリーのCCレモンは?

CCレモンにはCCレモンリフレッシュゼロというカロリーゼロの商品が販売されています。
これは砂糖を摂取しないため良さそうに思えますが、
アセスルファルKやアスパルテーム、Lフェニルアラニン、スクラロースといった
人工甘味料が使用されています。

これを妊娠中に摂取し続けると、

人工甘味料入りのダイエット飲料や、砂糖の代わりに人工甘味料を加えたお茶やコーヒーなどを日常的に飲んでいた妊婦から生まれた子供は、1歳を迎えた時点で過体重(太り気味)になりやすい可能性が、カナダの母子2,700組を対象とした調査から示された。調査を実施した同国マニトバ大学の研究グループによると、人工甘味料入り飲料を毎日飲んでいた妊婦から生まれた子供は、全く飲んでいなかった妊婦から生まれた子供に比べて1歳を迎えた時点で過体重になるリスクが2倍に高まっていたという。

引用:MedicalTribune

というように胎児に影響が出てしまいますので、人工甘味料は避けるべきです。

また、スーパーCCレモンという商品にも人工甘味料が含まれていますので、
こちらも妊娠中は飲まない方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
妊娠中にCCレモンは飲んでも構いませんが、
砂糖がたくさん含まれているため、つわり時期を除いて
毎日ペットボトル1本摂取するというのは避けましょう。
毎日飲むのであれば、1日200ml程度に抑えて飲むか、
3日や1週間など間隔をあけて1本飲むように工夫しましょう。

人工甘味料については、生まれてくる赤ちゃんに影響が出ますので、
控えるようにしましょう。

スポンサーリンク