KINCHOから出ているゴキブリムエンダーは燻煙タイプではありませんが、
それと同じような効果があるとして人気の商品になっていますが、
ペットがいても使用は可能なのでしょうか?
こちらではゴキブリムエンダーとペットについて紹介致します。

スポンサーリンク

ゴキブリムエンダーはペットがいても大丈夫?影響はあるの?

猫

ゴキブリムエンダーの主成分はピレスロイド系の成分となっており、
この成分はゴキブリなどの虫の体内に入ると神経が麻痺して弱らせたり死に至らせたりします。

ペットといっても猫なのか?犬なのか?カブトムシなのか?イグアナなのか?
などたくさんのペットがいますので、大きく二つにわけて見ていくことにします。

温血動物は大丈夫?

温血動物というのは、外界の温度の変化に関係なく、常に一定の体温を保つことのできる動物のことをさし、
ほ乳類や鳥類がそれにあたります。

もっと詳しく見ていくと、猫や犬、うさぎ、フェレット、ハムスター、猿、
インコ、フクロウ、オウムなどは温血動物にあたります。

人間を加え温血動物はピレスロイド系の成分を分解する酵素を持っており、
体内に入ったとしても分解され無毒化され、排出されますので、
ゴキブリムエンダーを上記のような温血動物であるペットがいる場所で使用しても
問題ありません。
参照:KINCHO

ただし、使用するときは使用する人だけ部屋に残るように書いてあるため、
温血動物のペットは使用するときは、部屋の外に出しておくと良いでしょう。

10分程度で有効成分が部屋の隅々まで行き渡り、30分程度で空気中に飛散した成分は落ち着きますので、
使用後30分程度したら部屋に戻してあげるとよいかと思います。

スポンサーリンク

変温動物は大丈夫?

変温動物というのは、外界の温度によって体温が変化する動物のことで、
ほ乳類と鳥類を除く全ての動物のことを指します。

もっと詳しく見てみると、
は虫類、両生類、魚類、エビ、昆虫などがそれに当たります。

ですので、イグアナ、カメレオン、蛇、イモリ、ヤモリ、蛙、カブトムシ、クワガタ虫、
蜘蛛などがそれに当たります。

これらは温血動物と違い、分解する酵素を持ち合わせていませんので、
ピレスロイド系の成分は有毒な成分となります。

体内に入ると神経が麻痺する神経毒となっていますので、
弱ったり、下手をすると死に至る可能性があります。

ですので、これらのペットを飼っている場合は、ピレスロイド系の成分が体内に入らないように
注意しながら、ゴキブリムエンダーを使用しなければいけません。

使用するのであれば、部屋の外にペットとケージやカゴ、水槽などを出してから、
使用して、30分程度経ったら一度部屋を換気してから、部屋に戻すと良いでしょう。

ただし、成分は1週間程度床や壁などに残っていますので、
部屋の中を歩かせたりしない方が良いでしょう。

というように、かなり注意が必要なので、
ピレスロイド系の成分が入っている殺虫剤、ゴキブリムエンダーをはじめ蚊取り線香や
アースジェット、ゴキジェット、キンチョール、アースノーマットなどの使用は控えた方が良いかもしれません。

ピレスロイド系の成分が気になる場合は、この成分が使用されていないものでゴキブリ対策を行なわなければいけません。

例えば、捕獲型であるゴキブリホイホイなどはピレスロイド系の成分を使用していませんので、
問題はありませんが、野生のヤモリなどはたまにゴキブリホイホイにかかる可能性はあります。

他にはホウ酸団子やブラックキャップなどの毒餌タイプのゴキブリ対策グッズがあります。
これもピレスロイド系の成分を使用していませんので、変温動物のペットを飼っていても問題にはなりません。

おすすめの商品としては、
ゴキちゃんストップという商品なんですが、プロ業者用ゴキブリ駆除薬を使用しているため、
ゴキブリに効果的に効きます。

ゴキちゃんストップを見てみる

ピレスロイド系の成分が不安という場合は、試してみてください。

ペットによって影響が異なる

上記の説明でわかるように、大きく分けて温血動物のペットと変温動物のペットでは、
影響が全く異なります。

温血動物は有効成分を分解する酵素を持っているため、影響がほとんどないのですが、
変温動物であるペットには、ピレスロイド系の成分は有毒ですので、
使用の際は十分に注意が必要です。

特に、アクアリウムをされている場合などは、ゴキブリムエンダーなどのピレスロイド系殺虫剤は使用しない方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
一概にペットといっても様々な種類のペットがいます。
猫や犬、ハムスター、インコ、フクロウなどのほ乳類鳥類にとっては、
ピレスロイド系の成分はほぼ影響がないのに対し、
イグアナ、カメレオン、ヤモリ、イモリ、蛙、熱帯魚、金魚、エビ、カブトムシ、クワガタ虫、鈴虫などの
変温動物にとっては、有効成分を分解する酵素を持っていませんので、猛毒になります。
ですので、変温動物をペットにしている場合は、極力ピレスロイド系の成分が含まれた殺虫剤は使用しない方が良いでしょう。

スポンサーリンク