オロナミンCは子供に飲ませても大丈夫なのか?また、何歳からいつからならOKなのか?
飲んでも良い量はどれくらいなのか?について紹介致します。

スポンサーリンク

何歳から飲んでもいいの?

オロナミンC

オロナミンCはCMで仮面ライダーエグゼイドがやっていたように、子供でも飲んでも良い飲み物とされています。
また、大塚製薬のキャッチコピーも
「小さな子供から年配の方まで」と謳っています。

オロナミンCはリポビタンDなどのような栄養ドリンクと違い清涼飲料水に分類されます。

では、子供はいつから飲んでもいいのか?について見ていきましょう。

オロナミンCを飲んでもいいか?で気になる点としては
オロナミンCにカフェインが含まれているという点です。

3歳まではカフェインを控えるようにという専門家の声もあります。
カナダ保健省では、摂取できるカフェイン量は

  • 4~6歳 45mg
  • 7~9歳 62.5mg
  • 10~12歳 85mg

とされています。

というように、カフェインの影響が懸念されるため、
いつから飲んでもいいのか?というと、
4歳から飲んでも良いと答えるのが正しいかと思います。

どれくらいの量飲んでもいいの?

どれくらいの量を飲んでもいいのか?についてですが、
これはカフェイン量と糖分量、カロリー量を見ていく必要があります。
オロナミンCに含まれるカフェイン量は通常の物で1本に19mg含まれています。

この場合だと、上記で述べた4~6歳の子供は45mgまでカフェインが摂取できる
ということに照らし合わせると、カフェイン的には2本ちょっとまでは飲んでも大丈夫ということになります。

次に、糖分についてですが、
オロナミンC1本中に含まれる砂糖は19gとなっております。

米国心臓協会では子供の砂糖摂取は1日25g以下と言われており、
2歳未満については一切控えるべきと提言されています。
参照:DIAMOND ONLINE

これに照らし合わせると、
砂糖の量についてはオロナミンC1本は飲めるという計算になるのですが、
これは他で一切砂糖を摂らないという前提での話になります。

ですが、おやつを食べたり、お料理にも砂糖は使われているため、
1本で1日の摂取量の半分以上を摂るというのは、少々問題でしょう。

次にカロリー面を見ていくと、

  • 3~5歳 男1300kcal 女1250kcal
  • 6~7歳 1550kcal 女1450kcal
  • 8~9歳 1800kcal 女1700kcal
  • 10~11歳 2250kcal 女2000kcal
  • 12~14歳 2500kcal 女2250kcal

とされております。
※通常の運動量のもとの計算になります。
参照:coop共済

オロナミンCは1本中79kcalとなっていますので、
3~5歳を対象にすると、1本飲んでも問題ないカロリー量になります。
しかし、間食の推奨量というのがあり、
3~5歳の場合のおやつの量は150~200kcalが目安とされています。
参照:幼児期のおやつのえらび方

これに照らし合わせると、オロナミンC1本飲んでしまうと、
それだけで推奨量の半分以上のカロリーを摂取してしまうことになりますので、
これは肥満の原因に繋がる可能性があります。

全ての懸念材料を鑑みて、どれくらいの量飲んでもいいのか?を検証してみると、
ここで一番問題になりうるのは砂糖であるとわかりました。

子供はオロナミンCをどのくらい摂取していいのか?
を考えてみると、1日に半分程度以下くらいの量が良いかと考えます。

年齢が高くなったとしても、砂糖の量が問題になってくるので、
1日に半分程度以下、多くても1日1本(これでも多いかな)にとどめておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

注意点は?

カフェイン

オロナミンCにはカフェインが含まれているというのが前述したように
わかったかと思います。
カフェインはコーヒーなどと比べると、オロナミンCに含まれる量はおよそ1/3程度ですので、
さほど気にする必要はないかと思いますが、
カフェインに感受性の強い子供の場合、
眠れなくなる
眠れても睡眠が浅く睡眠の質を下げてしまう
興奮する
などの作用が出る可能性があります。

ですので、カフェインは寝る前に摂取するのではなく、
やはりおやつの時に摂取した方が無難です。

アルコール

オロナミンCにはアルコールが微量含まれています。
オロナミンC1本中に0.91mg含まれており、
この量がどれくらいかというと、0.007%程度のアルコール量となります。

ですので、アルコールが含まれているからといって、
それが問題になると言うことは極めて少ないと言えるでしょう。

子供の場合、ウイスキーボンボンや奈良漬けを食べただけで、
酔っ払ってしまい、頭が痛くなったりという症状が現れるということが
ありますが、オロナミンC程度のアルコール量で、そのようになるというのは
考えにくいため、あまり気にすることはないでしょう。

といっても、1日にあるいは一度に何本も何本も飲んでしまうと、
影響はあるかもしれませんが、そうなってくるとアルコールの量よりも
砂糖の過剰摂取となることの方が心配になってきます。

糖分

こちらも前述したように、オロナミンCには砂糖が1本中19g含まれています。
ですので、子供が1日に1本飲む、特に小さいお子様が1本飲むというのは、
1日に摂取しても良い砂糖の量を他のおやつなどを合わせると
軽く越えてくるかと思います。

このような生活を毎日送っていると、肥満のリスクは高まりますので、
注意してください。

ですので、前述したように1日に飲むオロナミンCの量を半分程度以下にする。
あるいは、3日に1本程度にするなどの工夫が必要になってくるでしょう。

カロリー

カロリーについては、1日の間食量は3~5歳の場合だと
150~200kcalと言ったように、推奨量が設けられています。
オロナミンC1本中のカロリーは79kcalありますので、
例えば4歳児が1本飲むと、オロナミンCだけで推奨量の半分程度を摂取してしまうことになりますので、注意しなければなりません。

虫歯にも気をつけよう

オロナミンCには多量の砂糖が含まれていますので、
虫歯のリスクも高くなります。
虫歯を防止するためには、オロナミンCを摂取した後は、
うがいをしたり歯磨きをすることで、
口中に糖分を残さないようにすることで虫歯予防になります。

ですので、オロナミンCだけではありませんが、甘いものを食べたり飲んだりした場合は、
うがいもしくは歯磨きをするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
子供はカフェインの観点から4歳からオロナミンCを摂取しても良いことがわかりました。
また、砂糖がたくさん含まれているため、
特に幼児の場合は毎日摂取するのであれば、
1日にオロナミンCを半分程度以下にとどめておいた方が良いでしょう。
毎日飲まないのであれば、3日に1本程度飲んだとしても特に影響はないと思いますが、
これが毎日続くとなると肥満の原因となりますので、注意してください。

スポンサーリンク