カメムシ

臭いにおいを出すのと、農作物を荒らすため害虫扱いされているカメムシですが、
カメムシにも天敵がいるのでしょうか?また、好んで食べる天敵はいるのでしょうか?
こちらではカメムシの天敵について紹介致します。

スポンサーリンク

カメムシに天敵はいるの?

カメムシ

カメムシは一度に10~100個ほどの卵を産む(種類によって異なります)ので、その数からして
外敵から食べられるということが考えられます。そこでどのような天敵がいるのか調べて見ました。

カメムシの卵の中に卵を産み付ける虫

カメムシの卵の中に卵を産み付けて中から食べるという虫が存在します。
「チャバネクロタマゴバチ」「カメムシタマゴトビコバチ」「マルボシハナバエ」など

チャバネクロタマゴバチ画像はこちら

カメムシタマゴトビコバチ画像はこちら

マルボシハナバエ画像はこちら

カメムシの卵を食べる虫

次はカメムシの卵を食べてしまう虫を紹介します。
「ゴミムシ」「オオトビサシガメ」「グンバイメクラガメ」など

ゴミムシ画像はこちら

オオトビサシガメ画像はこちら

グンバイメクラガメ画像はこちら

カメムシそのものを食べる

次はカメムシそのものを食べる天敵の紹介です。
「カマキリ」「クモ」「トンボ」「カエル」「トカゲ」「鳥」「サシガメ」「アブの種類」「アリ」

ただし、カマキリや蜘蛛、アリについてはカメムシの臭いを嫌がって捉えはする物の食べるのを躊躇もしくは食べないこともあるのだとか。
一応捉えるので、天敵扱いにしております。

カメムシの天敵?その他

「カメムシタケ(ミミカキタケ)」「食虫植物」

カメムシタケはカメムシに寄生?するキノコでカメムシの体液を栄養にして成長します。

カメムシタケ画像はこちら

食虫植物画像はこちら

カマキリや蜘蛛などの昆虫は?

カマキリは目の前で動く物を捉える習性があるので、カメムシが近くにいたら捉えます。
そして食べようとするのですが、カメムシの臭いに躊躇してしまい食べるのをやめてしまうことがあります。

また、蜘蛛も臭いが嫌いなので上記動画であったように、慌てふためいてしまう蜘蛛もいます。
しかし、そのまま糸で捉えて普通に食べてしまう蜘蛛もいます。

スポンサーリンク

好んで食べる天敵はいるの?

好んで食べているのかわかりませんが、においを気にしない天敵はいます。
例えば、鳥やカエル。タマゴを好んで食べる虫については、ゴミムシ、オオトビサシガメ、グンバイメクラガメなどが好んで食べたりしますね。

カメムシの卵に卵を産み付ける虫たちもカメムシの卵を好む天敵と言えるでしょう。

やはり人間が一番の天敵?

カメムシにとって一番の天敵は、やはり人間でしょう。カメムシは水穂を栄養としたりするため
害虫指定されていますので、殺虫剤や農薬などで、多くのカメムシ達が死滅します。

カメムシに農薬

また、カメムシを好んで食べる国(ラオスなど)もあるため、たくさん食べられているのも事実です。

ですので、カメムシにとっては、人間が一番の天敵となっていると考えられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?カメムシの天敵といっても、カメムシの卵に寄生するタイプ、
卵を食べるタイプ、カメムシを食べるタイプと3種類もありました。
その中でもいろいろな動物や虫(稀に植物やキノコ)などいますので、
天敵は多いということがわかりましたね。

しかし、一番の天敵は人間ということは言えると思います。
農薬や殺虫剤で駆除できますし、家の周りにいるカメムシを倒したり、寄せ付けないようにもできますので。

スポンサーリンク