クレジットカードは様々なものがありますが、
コンビニをよく利用される方は三井住友カード(NL)が一番お得。

通常のクレジットカードだと100円で1ポイントというのが多いのですが、
三井住友カード(NL)はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3社コンビニに加えて
マクドナルドで使用すると最大5%のポイントが付与されます。

最大5%のポイント付与について

対象店舗で三井住友カード(NL)を利用すると通常ポイント(200円につき0.5%)に加え
ご利用金額200円につき+2%(※1)ポイントが還元されます。

さらに、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレス(※2)を使ってお支払いをするとポイントが+2.5%付きます。

ですので、例えばセブンイレブンでピッとタッチ決済をすると
最大で5%のポイント還元されるのです。

条件を満たせば最大5%のポイント還元なので、
例えば、1000円分の買い物をすると最大5%なので、50ポイント付与されるという計算になります。

※1 一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。

※2 一部Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

年会費は永年無料

三井住友カード(NL)の場合は、年会費が永年無料となります。
他にも種類があるのですが、中には初年度の年会費は無料ですが、次年度より年会費が発生するカードもありますが、
三井住友カード(NL)は永年無料なので安心してご利用できます。

コンビニやマクドナルド以外でもポイントが貯まる

通常200円で1ポイント貯まりますので、0.5%還元なのですが、上記に記した使い方をすると、
最大で5%ポイント還元になります。

その他、お気に入りの3つのリアルテイン歩を登録すると+0.5%
というサービスがあり、
対象店舗としては、「デイリーヤマザキ」などのコンビニや、「ライフ」「ヤオコー」などのスーパー、
「マツモトキヨシ」「ココカラファイン」などのドラッグストアなど約60店舗から選ぶことができ、
登録した先でカードを使用した場合、0.5%還元されるため、実質1%のポイントが還元されることになります。
※対象ブランドであっても商業施設内など一部対象外店舗もあります

他に「ココイコ!」というサービスがあり、事前にココイコ!のサイトから好きなテンポを選んでエントリーすると
エントリーしたテンポで三井住友カードを使って買い物をすると、通常よりも多くポイントがもらえます。

例えば、「紀伊國屋書店」「ブックファースト」などの書店では+0.5%還元。
「小田急百貨店」「大丸・松坂屋」などの百貨店では+1%還元。
「ビックカメラ・ソフマップ」「ジョーシン」などの家電量販店では+0.5%還元。
「三井ガーデンホテルズ」「ザ セレスティンホテルズ」などの宿泊施設では+0.5%還元
などがあります。

対象店舗は入れ替わることがあるため、定期的にアプリやサイトをチェックすると良いでしょう。

次に「家族ポイント」でポイント還元率が最大5%アップするというもの
三井住友カードの本会in同士が「家族としてつながる(登録する)」ことで、一部加盟店におけるポイント還元率が
上がるというサービスで、登録できるのは、本人と2親等内の人で最大9人。

このサービスでポイント還元率が上がる加盟店は、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンとマクドナルドで、
200円利用するごとに、通常の利用で付与されるVポイントに加えて、「家族ポイントに登録した人数×1%」分のVポイントが上乗せされて付与されるのです。

上乗せされるポイント還元率は最大5%なので、代表者に家族3人を登録すると「+3%」となり、
5人を登録すると「+5%」となり、6人以上登録しても最大5%なので、
それ以上は上がることはありません。
また、このサービスでのVポイントの付与上限は1カードあたり5万ポイントまでになっています。

次に学生だった場合、サブスクや携帯料金の支払いがお得になります。
「サブスク」「携帯料金」「QRコード決済」という、若年層のユーザーが多いサービスに三井住友カードを使うと、通常より多いVポイントが還元されます

例えば、サブスクの場合だと「Amazonプライム」「DAZN」「dTV」「U-NEXT」「Hulu」「LINE MUSIC」となり、
これらのサービスの支払いに対象の三井住友カードを使うと利用料金額200円(税込み)につき+9.5%ポイントが還元されます。

携帯料金の支払いも対象の三井住友カードを使用することで、通常ポイント(0.5%)に加えて、
ご利用金額200円(税込み)につき+1.5%ポイントが還元されます。

対象サービスは「au」「povo」「UQ mobile」「docomo」「ahamo」「SoftBank」「LINEMO」「Y!mobile」「LINEモバイル」「y.u mobile」となります。

次に、LINE Payに対象の三井住友カードを登録して、チャージ&ペイで利用すると
通常ポイント(05%)に加えて、ご利用金額200円(税込み)につき+2.5%ポイントが還元されます。

ポイントの使い道は?

三井住友カード(NL)を使うことによってポイントが貯まっていくのですが、
そのポイントの使い道としては、1ポイント=1円として使うことができ、

Vポイントというポイントが貯まっていくのですが、使い方としては
Vポイントアプリをダウンロードし保有しているVポイントを「Vポイントアプリの残高」にチャージすることで、
「1ポイント=1円」で買い物に使えるようになっています。

買い物に利用できる場所はクレジットカードの国際ブランドである「Visa」の加盟店と、
電子マネー「iD」の加盟店で、いずれもリアル店舗においてスマホのタッチ決済で支払えます。

また、Visaに加盟するネットショッピングでも使用することができますので、
クレジットカードが利用できる店舗のほとんどでポイントが利用できるということになります。

三井住友銀行の振込手数料の支払いに使うこともできますし、
景品や他社のポイントへの交換も可能となっています。

Vポイントを他社のポイントへ交換の場合、
楽天ポイント、dポイント、Pontaポイントなどに交換する場合は、1ポイント=0.8円
ANAマイレージポイントに交換する場合は、1ポイント=0.5マイル

Amazonギフト券、Google Playギフトコード、Apple Gift Cardに交換する場合は1ポイント=0.8円となっており、
この場合は1ポイント=1円のレートよりも低くなってしまいますが、他社のポイントに交換できるシステムは便利ですね。

まとめ

三井住友カード(NL)は年会費永年無料ですし、
大手コンビニ3社とマクドナルドで使用するのに最強のカードと言えるでしょう。

よくコンビニを利用される場合は、最大5%ポイント還元というのは、
非常に魅力的ですので、1枚持っておくと良いですよ。

スポンサーリンク