妊娠中は何かと気を遣わなければいけない時期ですが、
馬刺しは食べても良いのでしょうか?また、すでに食べてた場合はどうなるのでしょうか?
こちらでは妊娠中の馬刺しについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中に馬刺しは食べてもいいの?

馬刺し

結論から言うと妊娠中に馬刺しは食べない方が良いです。
なぜかというと、馬刺しにはトキソプラズマがいる場合がありますし、
生のお肉なので可能性としては低いのですが食中毒に当たる可能性も0%ではありません。

ですので、妊娠中はできるだけ生の肉を食べるのは控えてください。

トキソプラズマ症とは?

トキソプラズマ症とはレアステーキやユッケ、馬刺し、鶏刺し、生ハムなどが感染源になり、
さらに土や砂などをいじることによっても感染リスクが高まることで知られています。

妊娠中にトキソプラズマ症に感染(特に妊娠初期の感染)すると
胎盤を通じて胎児に感染してしまうことがあり、その場合症状としては
死産、流産、水頭症、脈絡膜炎による視力の障害、脳内石灰化、精神運動機能障害などが起こる可能性があります。
感染は妊娠末期ほど胎児への感染率は上がりますが、妊娠初期の感染ほど重症化しやすいとされています。
参照:NIID国立感染症研究所

なお、妊娠中に初めて感染することを先天性トキソプラズマ症といい、
重症化すると胎児に影響を及ぼす可能性があります。

もともと猫を飼っていたりして妊娠前にすでに感染している場合は
すでにトキソプラズマの抗体が出来ていますので、あまり心配する必要はないようです。
検査としては、妊娠初期に検査することが多く、
たとえ検査をされていなくても、産婦人科でトキソプラズマの抗体検査が採血でできますので、
抗体検査がお済みでない場合、早めに検査されることをお勧めします。
参照:桜新町レディースクリニック

先天性トキソプラズマ症にかかる可能性はどれくらい?

トキソプラズマの抗体を持っていない場合(妊娠前に感染している人が多い)、
特に注意が必要で、妊娠中の初感染の約30%が経胎盤感染し、数%~20%に典型的な先天性トキソプラズマ症を発症します。
トキソプラズマに感染する確率は妊娠末期では60~70%と妊娠週数にともなって上昇しますが、
妊娠初期では数%~25%くらいと言われています。
参照:東京臨海病院産婦人科

抗体を持っていても生肉は避けるべき

トキソプラズマの抗体を持っていたとしても、生肉を食べることは妊娠中は避けた方が良いです。
過去に感染したトキソプラズマは胎児に影響はないのですが、
理由としては、日本の食品衛生は優れているため、可能性的には非常に低いとはいえ
食中毒になる可能性は0%ではありません。
妊娠中に生肉を食べて不安になり産婦人科に相談する方が結構おられるようで、
そのような心配事を減らす意味合いでも生肉を食すのは避けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

妊娠6ヶ月以降より妊娠初期に気をつけるべき

妊娠後期になるつれトキソプラズマは胎児に移行しても重症化する可能性は低く、
妊娠初期では胎児に移行する確率が妊娠末期よりも低いのですが重症化しやすいため、
馬刺しなどの生肉を食べるのは特に控えた方が良いです。
とはいえ、生肉は食中毒になる可能性があるため、妊娠中はどの時期でも控えておいた方が無難です。

知らずに馬刺しを食べていた場合は?

トキソプラズマの抗体を持っているのであれば、
知らずに馬刺しを食べていたとしてもあまり気にする必要はありません。

ですが、やはり生肉にはリスクがつきものですので、
この記事を読んだ後に生の肉を食べるのは控えた方が良いでしょう。

万が一抗体を持っておらず、または抗体を持っているかわからない場合で食べていたのでしたら、
先天性トキソプラズマ症にかかる可能性が妊娠時期によって確率は異なりますが、
早期発見が大切になってきますので、かかりつけの産婦人科に相談されることをお勧めします。
最近では薬での治療もあり、胎児感染率を大幅に減らすことも報告されていますので、
知らずに馬刺しを食べていた場合は、受診されることをお勧めします。
参照:東京臨海病院産婦人科

まとめ

妊娠中は馬刺しを食べることは控えた方が良いことがわかりました。
馬刺しにはトキソプラズマが存在する可能性がありますので、
抗体を持っていない場合は、感染予防の観点から生の肉は食べないようにしましょう。

また、可能性的には低いのですが馬刺しを食べて食中毒になる可能性も0%ではありませんので、
その点についても食べない方が良いです。

なお、知らずに馬刺しを食べていた場合は、速やかに産婦人科で相談されることをお勧めします。

関連記事
スポンサーリンク