妊娠中は何かと気を遣う時期ですのでステーキを食べるにしても
レアステーキなど、中が赤い状態のステーキを食べてもいいのか迷ってしまうと思います。
そこでこちらでは妊娠中にステーキを食べても良いのか?またどういう点に注意が必要かについて紹介致します。

スポンサーリンク

妊娠中ステーキは食べてもいいの?

ステーキ

基本的に妊娠中のどの時期でもステーキは食べても問題ありませんが、
生焼け状態のものは避けた方が良いでしょう。
食べるならしっかりと中心部まで火が通ったものを食べるようにしましょう。

赤身部分が残っていると何が問題なの?

中が完全に火が通っていない状態の焼き加減をレアと言いますが、
しっかりと火が通っていないと食中毒になる可能性が低いとはいえありますので、
妊娠中は避けた方が良いです。

さらに、トキソプラズマ症にも注意しなければいけないため、
生焼けの状態のものは控えた方が良いのです。

トキソプラズマ症とは?

トキソプラズマ症とはレアステーキやユッケ、馬刺し、鶏刺し、生ハムなどが感染源になり、
さらに土や砂などをいじることによっても感染リスクが高まることで知られています。

妊娠中にトキソプラズマ症に感染(特に妊娠初期の感染)すると
胎盤を通じて胎児に感染してしまうことがあり、その場合症状としては
死産、流産、水頭症、脈絡膜炎による視力の障害、脳内石灰化、精神運動機能障害などが起こる可能性があります。
感染は妊娠末期ほど胎児への感染率は上がりますが、妊娠初期の感染ほど重症化しやすいとされています。
参照:NIID国立感染症研究所

なお、妊娠中に初めて感染することを先天性トキソプラズマ症といい、
重症化すると胎児に影響を及ぼす可能性があります。

もともと猫を飼っていたりして妊娠前にすでに感染している場合は
すでにトキソプラズマの抗体が出来ていますので、あまり心配する必要はないようです。
検査としては、妊娠初期に検査することが多く、
たとえ検査をされていなくても、産婦人科でトキソプラズマの抗体検査が採血でできますので、
抗体検査がお済みでない場合、早めに検査されることをお勧めします。
参照:桜新町レディースクリニック

先天性トキソプラズマ症にかかる可能性はどれくらい?

トキソプラズマの抗体を持っていない場合(妊娠前に感染している人が多い)、
特に注意が必要で、妊娠中の初感染の約30%が経胎盤感染し、数%~20%に典型的な先天性トキソプラズマ症を発症します。
トキソプラズマに感染する確率は妊娠末期では60~70%と妊娠週数にともなって上昇しますが、
妊娠初期では数%~25%くらいと言われています。
参照:東京臨海病院産婦人科

スポンサーリンク

抗体を持っていても生肉は避けるべき

トキソプラズマの抗体を持っていたとしても、生肉を食べることは妊娠中は避けた方が良いです。
過去に感染したトキソプラズマは胎児に影響はないのですが、
理由としては、日本の食品衛生は優れているため、可能性的には非常に低いとはいえ
食中毒になる可能性は0%ではありません。
妊娠中に生肉を食べて不安になり産婦人科に相談する方が結構おられるようで、
そのような心配事を減らす意味合いでも生肉を食すのは避けた方が良いでしょう。

妊娠6ヶ月以降より妊娠初期に気をつけるべき

妊娠後期になるつれトキソプラズマは胎児に移行しても重症化する可能性は低く、
妊娠初期では胎児に移行する確率が妊娠末期よりも低いのですが重症化しやすいため、
レアステーキなどの生肉を食べるのは特に控えた方が良いです。
とはいえ、生肉は食中毒になる可能性があるため、妊娠中はどの時期でも控えておいた方が無難です。

まとめ

妊娠中はトキソプラズマの抗体を持っているかどうかに関わらず、
レアステーキなどの生の部分がある状態のものは食べない方が良いです。
抗体を持っているのであれば、それほど気にする必要はないとはいえ、
食中毒になる可能性はありますので、抗体を持っていたとしても控えた方が良いです。

抗体を持っているかどうかわからない場合は、産婦人科で抗体検査が採血によりできますので、
かかりつけの産婦人科で調べてもらうことをお勧めします。

ステーキを食べる時は、生の部分がないように
しっかりと火を通して食べるようにしましょう。

万が一、生部分を食べてしまった場合で抗体を持っていない場合などは、
不安を払拭するためにかかりつけの産婦人科で相談すると良いでしょう。

関連記事
スポンサーリンク