アース製薬から出ているブラックキャップはいわゆる毒餌タイプの駆除剤で、
ゴキブリが食べると死に至ります。また、食べたゴキブリが巣に戻り糞をすると
ゴキブリの習性で、他のゴキブリが糞を食べて、そのゴキブリも駆除できるという商品ですが、
玄関の場合、どこに置けば効果的なのでしょうか?
こちらではブラックキャップの玄関の置き場所について紹介致します。

スポンサーリンク

ブラックキャップは玄関のどこに置けば効果的?

ゴキブリ

まずゴキブリの好む場所を説明すると隅っこや暗くて湿気のある場所を好みます。
ですので、玄関の内側の場合だと

  • 玄関の四隅
  • 傘立てなどを置いてある場合は、その下
  • 下駄箱の中
  • 収納スペースがある場合は収納スペースの中

このあたりに設置していることで、玄関の内側に関しては問題ないでしょう。

次に、玄関の外側についてですが、外側に設置する理由については、
外からの侵入を防ぐために設置します。

なお、玄関の内側に設置するのは、通常のブラックキャップで問題ありませんが、
外側の場合ですと雨や風にあたりますので、できれば屋外用ブラックキャップを用意した方が良いでしょう。

外側の場合ですと、植木鉢やプランターなど何かものを置いている場合は、その下あたりをゴキブリは好みますので、設置してください。

特に玄関の外側に何も置いてないようであれば、玄関の隅に設置すると良いでしょう。

室内用のブラックキャップと屋外用ブラックキャップはどう違うの?

室内用のものも屋外用のものも成分的には同じなのですが、
屋外は雨や風にさらされますので、毒餌が水に強く作られていたり、
構造が水が入らないように、入っても水はけが良いように作られています。

室内用のものは丸い形状をしていますが、屋外用のものは四角い形状になっています。

楽天でブラックキャップ屋外用一覧を見てみる

どれくらいで効果が現れるのか?

これについては設置した日から効果が現れます。
なお、ゴキブリがブラックキャップを食べるとおよそ6時間程度で死に至ります。
この時間差はゴキブリが巣に戻るための時間で、最初に記したように糞を食べる習性がありますので、その糞を食べた他のゴキブリもまとめて駆除するためです。

そして、室内用も屋外用も設置から1年効果が持続しますので、
設置後は当分放置しておいて問題ありません。

スポンサーリンク

玄関の外に設置するとゴキブリが寄ってくるのか?

心配になるのが、玄関の外に設置すると、それにおびき寄せられて、
ゴキブリが集まってくるんじゃないかということだと思います。

結論から言うと、遠くからゴキブリは寄ってきません。
あくまでもそのそばを通過したゴキブリにしか効きません。

というのも、ゴキブリの嗅覚は鈍いため近くのものしかにおいをかぎつけることができないのと、
ブラックキャップも1~2m程度しかにおいが届かないため、
ブラックキャップ周辺を通るゴキブリにしか効果を発揮しないため、
遠くからブラックキャップめがけて寄ってくるということはありえません。

まとめ

玄関も暗くて湿気も多いところですので、
ゴキブリの住処になりやすい場所の一つになります。
ですので、玄関にも設置することをお勧めします。

また、玄関の内側だけでなく、外側にも設置することで
外からくるゴキブリ対策もできますので、玄関の外側にも設置するようにしましょう。

スポンサーリンク